目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

来年の予定で決まっていることはブログを続けるということだけです

今年は独立したてということで、ひたすら仕事をしました。
自分がどのくらいのペース、スケジュールで仕事をこなせるかを見るためにも、お声がけ頂いた仕事はほとんど受けさせて頂いた感じです。

来年はインプットや多少の余暇、お金にならないけどやりたいことなどにも時間を使えるように、少し働き方を変えようと思っています。
サービスや料金の見直しも検討中ですし、6月末のクリエイターEXPOに合わせてセルフマガジンの作り直しも行います。

でも色々考える中で、必ず辿り着くひとつの結論があります。
それは、何をやるにしてもブログが1番大事ってこと。
情報発信をするために、という意味でももちろん大切ですが、もっと活動の幅を広げようと思った時にそれらの活動の旗艦、フラグシップとなるのがブログだと強く思うのです。

私の活動の全てを記したい。
私の思うこと、考えること、伝えられることを記したい。

ブログを始めた頃は、このブログを私の営業・宣伝部長として育てようと思っていました。
今は、私そのものにしたいと考えています。

ちょっと話は変わりますが、ブログにはただの日記ではなく、人に役に立つことだったり読み手を意識したことを書きましょう、とよく言われます。
あなたは芸能人ではないのだから、と。

でも先日ちょっとまじめにアクセスを見て、このブログを読んでくださる読者の9割以上がリピーターであることを知って。
今年を振り返った、他の人にはなんの役にも立たない昨日のブログ記事でも、4コマ漫画やフリーランス論と変わらないアクセスを頂くようになって。
このブログのジャンルはもう『百万』でいいのではないかと思うのです。

そして今月書いたこの記事。

http://hyakumanga.com/16dec11/

この記事を書いた時、本当にブログをやっていてよかったと思った。
一般の読者向けではないけど、漫画を仕事にしたい誰かに届くといいなと思って書いたこの記事を読んで、何人かの方が友達リクエストをくれたり、サイトのフォームから連絡をくれたりしました。
その方達は皆、ずっと私のブログを読んでくれていたんだそう。
あの記事を読んで私にメッセージすることを決意してくれた方たちだから、皆言葉を尽くして自身の現状や想いを私に伝えてくれました。

とても嬉しかった。
初めてブログから仕事が来た時より嬉しかったかもしれません。
漫画を描くことでしか人の役に立てないと思っていましたが、漫画を描く姿を見せることで誰かの役に立てたのですから。

この記事を、私がブログ書き始めの頃に書いていても全く意味はなかったでしょう。
1年以上書き続け、想いを発信してきたからこそ、届いたのだと思います。

独立して2年、ブログを始めて1年半。
私はただの駆け出しフリーランスです。
夢や目標が定まってるわけではない、1年後どうなっているかもわからない。
でも、本当にブログをやってよかったと思っているし、これからも続けていきたい。

ということを紅白そっちのけで書き綴ってしまうくらいにはブログを愛しているので、どうぞ来年も本ブログと百万をよろしくお願いいたします。