目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

【制作実績及び制作秘話】ロゴ/ローカルWEBメディア『ちちぶる』

Logo1

秩父ローカルWEBメディア『ちちぶる』ロゴ(2016年8月〜)

http://chichiburu.com

7月にちちぶる編集長のあざみっくすさんより依頼を受け、制作いたしました。

私は通常デザイン業務は受けておらず、あざみっくすさんからの依頼も当初は
「ロゴに使うためのイラストが欲しい」
というお話でした。
しかし企画書を見て、これは背伸びしてでもぜひトータルでやるべき仕事だと思い、デザインから提案をさせて頂いた次第です。

ちちぶるはサイト単体にとどまらず、ことりっぷのような旅行系の他メディアとも提携しており、このロゴもあちこちで使って頂き多くの人の目に触れていることを嬉しく思います。

今回制作実績として公開するにあたり、あざみっくす編集長から制作の背景などをぜひ語って欲しいという話がありました。
私も、通常明かすことのないクライアントとのやり取りを公開するのも面白いかもしれないと思ったので、順を追ってドキュメンタリー形式?でお送りしてみたいと思います。
(画像は全て打ち合わせの段階で使用したものです。)


あざみっくす 「ってわけで、そろそろちゃんとしたロゴが欲しいんですよねー」

百万 「ちちぶるのロゴ?って、こういうことですか」

Logo2

あ 「あー、それはそれでありですけど」

百 「ありなんかい」

あ 「ちちぶるって文字と、女の子のシルエットを組み合わせたいんですよ」

百 「シルエット?つまり、こういうこと?」

Logo3

あ 「合ってますけど、違いますwww
   ちょっと企画書用意してみたんで、見てもらえます?」

Logo4

百 「なるほど。
これだったら、イラストだけじゃなくてデザインも私がやった方がいいかもしれません。
気に入らなかったら不採用でいいんで、提案からやらせてもらってもいいですか?」

あ 「オッケーです!」


百 「とりあえずのたたき台ですが、こんな感じでどうでしょう?」

Logo5

あ 「おお!すでに僕のイメージにかなり近いです!!」

百 「フォントのベースは私のイメージ的にこれがいいと思うんですけど、ゴシック体とか他の字でも見て見ますか?」

あ 「いや、このフォントすごくいいと思います。
あと、遊ぶ・暮らすっていうキャッチもあるんですが、それって入りますかね?」

百 「オッケー、やってみます。」

あ 「それと、なんかひとつ秩父っぽいシンボルというか、そういうのが組み合わさってるといいかも」

百 「山とか、お祭りの山車とか?」

あ 「山車いいですね!それでいってみましょう」


百 「今度はどうでしょ」

Logo6

あ 「すごい!なんかもう、かなりキテる気がする!
   文字は最初のやつがいいです。遊ぶ・暮らすは入れましょう。」

百 「問題は秩父モチーフですかね。
女の子3人がすでにイラストなわけだから、そこにさらにイラストを足すとうるさいんですよ。
ロゴとしても複雑になるし…。」

あ 「そうですねー…うーん。
   …あ!道とかどうですか!?」

百 「道?」

あ 「はい、『秩父路』って言葉があるんですよ。
   秩父の電車の名前とかにもなってるんですが。」

百 「!! あざみっくすさん、完全にそれですわ。
   それなら秩父要素がある上に、ロゴとしての一体感が出せると思います。
   ちょっと待ってくださいね」


百 「つまり、こういうことでどうでしょう!!」

Logo7

あ 「きたー!!これやで!!!」

百 「せやろ!!!」

あ 「左の上から3番目のやつがいいです!」

百 「了解!ではこれをクリンナップしていくのでまたしばらくお待ちを。」


百 「さて、あざみっくすさんには特に説明してないけど、この3人はすでに性格付けが私の中でできてるのよね。
一旦キャラ描き起こしてみるか」

Logo10

百 「実は3人の名前を並べると斜めに『ちちぶ』と読めるのだ、ふひひ。
   この3人で改めて下描きをして、」

Logo8

百 「シルエットにしてイラスト完成」

Logo9

百 「あとは今までフォトショップで手描きラフでゴリゴリやっていたこれを、イラレでバランスを整えながらクリンナップして…」

Logo11


百 「完成しました!編集長いかがでしょう!!」

Logo13

あ 「これこれ!これです!!ありがとうございます!」

百 「よかった!アイディアは決まったものの、形を整えるのに苦労しました。
   試行錯誤した挙句、結局先人たちの知恵黄金比をお借りしました。」

Logo12

あ 「SUGEEEEEEEEEE!!!」

百 「DAROOOOOOOO!!!」


おおよそこんな感じでちちぶるロゴは完成しました。

この制作過程は、私にとってかなり理想的なお仕事の形です。
任せきるのではなく、自分の意見を押し切るのでもなく、依頼主とクリエイターが意見を出し合って最善のものを作り上げていく。

あざみっくすさんは界隈(?)では有名なできる男なので、この男には勝てないという悔しさで歯ぎしりしながらいつも気持ちよく仕事をさせて頂いております。

百万は、今後もちちぶるのクリエイティブ面をお手伝いしていく予定です。
このロゴ共々、ちちぶるをよろしくお願いいたします。

ちちぶる 〜秩父の魅力、再発見。秩父のローカルWebメディア〜
http://chichiburu.com

Chichiburu link