積み重ねた信頼も崩れ去るのは一瞬、のウソ

170401

信頼を得るには時間がかかるけど失うのは一瞬、とよく言いますね。

でも、それって本当に?
お互いに一歩ずつ信頼を築いてきたなら、一発でアウトってことはないと思うんです。

もし一瞬で関係が崩れてしまったのなら、『信頼を得てきた』という前提から間違っていたのではないでしょうか。

広告代理店で働いていた頃、私の不注意によるミスで、引き継いだばかりの常連さんにご迷惑をかけたことがありました。
お客さんはかなりお怒りで、「責任を取れ」と理不尽とも言える対応をこちらに求めてきました。

私は自分のたった1回のミスのせいで、ずっとお付き合いをしてきた会社の常連さんの信頼を失ったと青ざめました。

自分一人で解決できる問題では無かった為、前任である先輩と謝罪に向かうことに。
先輩に「自分がやるから黙っていろ」と言われ、ただひたすら後ろで黙って小さくなっていたのですが…聞いているとどうも話がおかしい。
お客さんは解決策を探ることもせず、私などハナから存在していないかのように過去の話などを引っ張り出し、こちらの会社そのものをひたすら激しく批判してきました。

私のミスも「新人だから」で許されるものではなかったけど、お客さんにとってそれは今までの不満を爆発させる最後のきっかけでしかなかったのです。
結局そのミスの件についてはなんとか収めたものの、私から見てもその場しのぎの対応で真摯な姿勢とは言えず、お客さんの信頼を得ることはその先にもありませんでした。

この例はビジネスの話だけど、きっと万事がそうなんですよね。

何かあった時に一発で切られたと思っても、そこには最初から信頼なんてなかったのかもしれない。
すでに積もり積もった疑いや不信感があったのかもしれない。

逆に親友やパートナーなど、心から信頼している大切な人が大きなミスをしたとか、小さなウソが発覚したとか、過去の悪事が判明したとか、その瞬間に縁を切るなんて考えられないですもん。

だから、日々の行動が大切なんです。
何かあった時に一発逆転、起死回生の方法を思いついたって、積み重ねた信頼関係が無ければ繰り出すこともできない。

目の前の人や仕事に丁寧に向き合うこと以上に大切なことなんて、そうそうないのかもしれません。

SNS

広告漫画家百万は、ほぼ毎日ブログ更新中!
FB、twitterで更新情報をお知らせしています。
Facebooktwitter