目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

広告漫画とは

広告漫画企画室「百漫画」では、漫画制作を通してお客さまのPR、集客、ブランディングなどをお手伝いしております。
ここでは百漫画が考える広告漫画についてご紹介いたします。

「百漫画」が考える広告漫画とは?

広告漫画とは、雑誌などメディアに掲載されている漫画とは異なり、お客様から発注を頂いてオーダーメイドで制作する漫画のことです。
メディア掲載漫画と区別する為の便宜上の言葉であり、必ずしも広告物であるとは限りません。
また業界内での呼び方も統一されておらず、PR漫画と呼んでいるところや、単に「漫画」としているところもあります。

百漫画でも名称は『広告漫画』と統一しておりますが、商品やサービスの広告はもちろん、歴史やルール、想いなど、「漫画で伝えたいこと」は全てその対象としております。

漫画が描ける人なら誰でも広告漫画が描ける、というものではありません。
広告漫画をご検討の際は、ぜひノウハウを持った広告漫画家や制作会社をご利用くださいませ。

「百漫画」について詳しく知る

 

広告漫画の効果

漫画は幅広い層に受け入れられ、かつ多彩に展開が可能な手法であり、広告・制作物に利用することには大きなメリットがあります。
その代表的なものを3つご紹介。

効果その1:目立つ!

漫画はとにかく目立ちます。
どんないい内容の広告でも、お客さまの目に留まらなければ訴求力は発揮できません。
注目させる ▶︎ 内容に引き込む ▶︎ 理解してもらうという広告における最重要ステップを、漫画はあっさりとクリアすることができるのです。

 

効果その2:わかりやすい!

言葉による説明だけではよくわからなかったことが、絵や図で見ると理解できるということはよくあります。
短い接触時間でいかに伝えるかは広告のキモであり、文章を読ませるよりもビジュアル的に訴えるほうが伝わりやすくハードルが低いというのもポイントです。漫画で掴んでからより詳細な文字情報に繋げるのも有効!

 

効果その3:おもしろい!

ただ漫画形式で説明するのではなく、キャラクターやストーリーでドラマを作り出すことでより強く印象付けることができます。
消費者は広告臭を嫌いますので、逆に漫画のついでに商品のこともわかるくらいがちょうどいいくらいです。また通常の広告ではアピールしにくい『想い』に光を当て、読み手の情に働きかけることも漫画の得意分野です。

 

制作実績を見る