百万プロフィール

160112 prof百万 友輝(ひゃくまん ゆうき)
まさかの実名。
1980年生まれ。加賀百万石の石川育ち。さいたま市盆栽村在住。

小学校1年から漫画を描き始め、大学卒業後漫画家を目指して上京するも挫折。
再出発の為に就活を始める中、漫画には雑誌連載以外にも広告分野を始め様々な可能性があることを知る。
雑誌連載に依存しない道もあるのなら自分の漫画でもやれるかもしれないと、再度その道で漫画家を目指すことを決意。

履歴書と一緒に漫画を送るという奇策で倍率50倍をくぐり抜け広告代理店に就職。
2011年同代理店を退社、派遣社員と兼業で広告漫画家として開業。

2015年に完全独立。
広告営業としての「売る為の視点」と漫画家としての「面白さの追求」を併せ持つ『広告漫画家』として、現在は広告を中心に漫画、イラスト、似顔絵の制作を行う。

名前

百万 友輝(ひゃくまん ゆうき)

ペンネーム・ハンドルネームではなく、この名前で生まれてきました(笑)
地元が石川県なので「加賀百万石の百万です」と、ドヤ顔で自己紹介するのが定番です。
石川県観光PRキャラクターの『ひゃくまんさん』とは一切関係がありませんが、ひゃくまんさんのことは応援しています。

百万の漫画人生についてはこちら↓

漫画人生略歴〜夢、挫折、そして栄光へ(予定)
なぜ今私が、フリーの漫画家などという説明の難しい謎の職業についているのか。それを語ることはつまり、私の半生を語ることである。(大げさ) いつ...
努力を努力と思わなかったあの時期こそが今の私を支えているのだ
初めて4コマ漫画を描いた小1から数えるならば、私の漫画歴は間もなく30年になろうとしている。 「30年描いてそのレベルかよ!?」というツッ...

職業

広告漫画家

私は広告代理店で営業をやっていた経験を活かし、広告などに使う漫画やイラストを制作することを主な仕事としております。

でも主人公がお客さまだったり、野球や恋愛といった漫画の題材がお客さまの商品やサービスになったりするだけで、基本的には広告物というよりは漫画作品を作っているという気持ちで臨んでいます。

伝わらなければ広告じゃない、面白くなければ漫画じゃない。
広告と漫画、両方のことをわかっていなければ、広告漫画はただの『漫画風広告』に成り下がってしまいます。
両方のプロとして、自分にしかできない作品を手がけていきたいと思います。

関連オススメ記事↓

広告漫画家である私が本当に売りたいものは漫画ではない
私はプロとして、お金を頂いて作品を提供している。 広告漫画家として最善と考える提案をし、制作をする。 絶対に譲れないところは抑えつつ、目の...

趣味・趣向

現在の趣味

『ももいろクローバーZ』『盆栽』。
漫画やイラストを描くことを別にすれば、現在の主な趣味はこの2つが特に大好きです。
ももクロ(完全なる箱推し)から元気を、盆栽から癒しと暮らしの基盤となる心の平穏をもらっています。

関連オススメ記事↓

盆栽漫画家
『広告漫画家』という肩書きでやらせて頂いておりますが、来年はこうも呼ばれたいと思っています。 すなわち、百万は『盆栽漫画家』である、と。 ...

漫画・アニメ・ゲーム

漫画はジャンル問わず読みますが、純粋に読者としての傾向は「少年漫画大好き」です。
アニメは好きな漫画作品のアニメ化など、シーズンに1〜2本見ております。
新しいアニメ作品を見るよりは昔好きだった作品をくり返し見る傾向にあるので、もう少し積極的に新しい作品にも触れなければなあと思っております。

今はプレイ時間は随分減ったのですがゲームも好きで、絵に関して影響を受けたのは漫画よりもゲーム作品が多いです。
特にカプコンがひいきで、スト2関連の画集など随分模写したものです。

また作品への愛はすぐに創作物で表すので、仕事の合間などついついオタク絵を描いてしまいますし、都合がつけばお台場で開催される日本全国大オタク祭り(仮称)にもフラっと行ったりしますよ。

暮らし

自宅兼仕事場という形を取っているので、家にこもっている時間が長いです。
そしてそれが苦ではないので、休憩中に家事をしたり、仕事の友であるコーヒーにこだわったりしながら暮らしを楽しんでおります。
外で遊んだり食べたりするよりは、生活の質を高めることに時間とお金を使うところもあります。

またいかにものを少なくシンプルに暮らすか、ということを追求するのも好きなので、ネットを徘徊するとすぐ『シンプルライフ』『断捨離』『ミニマル』といったキーワードに釣られます(笑)。

関連オススメ記事↓

コーヒー好き在宅フリーランスの戦友『全自動コーヒーメーカーNC-A56』
今日のはもう、コーヒーを仕事の友として愛する日本全国の在宅フリーランスにお知らせしたい! 本当にオススメの品です。 Panasonicの全...
自宅ばばあの収納術(語弊あり)
書けと言われた気がしたので、自宅クローゼットを公開。 …以上です。 工夫ですか? 特にないです、はい。 強いて言えば元祖家ガールギンさ...

三大野望

一生漫画家として生きる

ネットが普及し、紙媒体の漫画雑誌の販売部数も落ちている中、漫画を描いて生きていくにはどうすればいいか。
電子書籍として売ったり、WEB上で読める無料の漫画に広告を貼ったり、Twitterで連載して単行本化したり…。色々な方法が模索されており、次々と新しいビジネスが生まれています。
業界の端っこにかろうじてぶら下がっている一個人ではありますが、私がやっているのはそういうことでもあります。

今やっている形がベストと決めているわけでもないし、完全オリジナルの作品連載をしたくないかというと決してそんなこともありません。(むしろご依頼待ち構えております!)
ただ、ずっと漫画を描いて、漫画で人の力になって生きていきたい、それが私の願いです。

関連オススメ記事↓

漫画家になれなかった広告漫画家
友人が、漫画家志望の娘さんと一緒に自宅に遊びに来てくれました。 実際に仕事をする様子を見てもらったり、どうして広告漫画家になったかという話...

地元に貢献する

石川県のことを、好きも嫌いもなくただ単純に「そこにあるもの」と認識していた地元時代。
上京してからは「帰るべき故郷」に変わりましたが、それは家族や友人がいるからという、人に由来した感情でした。

それが今ではすっかり石川ラブ。
きっかけは、ひゃくまんさんと北陸新幹線でした。

2013年秋、石川県北陸新幹線PRキャラクター(現在は石川県観光PRキャラクター)の名前が公募で偶然「ひゃくまんさん」に決定。
同じ名前ということで気になる存在となり、その情報を追い始めた数ヶ月の間に、石川の情報に触れる機会も自然と増えました。そこで改めて、石川っていいなあと思うようになったのです。
石川を出て10年、東京の生活にはすっかり慣れましたが、その上で故郷を眺めると見えてくる魅力がたくさんありました。

新幹線が開通したら、ぜひたくさんの人に石川を訪れて欲しい。
東京に住む石川出身者として、何かできることはないか。
そう考えてTwitter『非公式ひゃくまんさん』というコンテンツの発信を始めました。(現在は終了)

その新幹線はすでに開業、ほっておいてもこの先数年北陸人気は続くと思うのですが(笑)、今後はできれば漫画家としてぜひお仕事でお役に立ちたいという気持ちが強くあります。

というわけで石川の皆さま、ぜひよろしくお願いします!(結局そこ・笑)

関連オススメ記事↓

ひゃくまんさんには家がある!ひゃくまんさんファンの聖地、八百萬本舗に行ってきました
北陸新幹線が開業し、金沢の街は観光客で大賑わい。 そんな中、人気観光地のひとつ東茶屋街の近くに、今年「八百萬本舗(やおよろずほんぽ)」とい...

庭付き平屋戸建てに住む

急に現実感満載(笑)。

数年前までは、ライフスタイルに合っていれば別に持ち家にこだわらなくとも一生賃貸でも構わないと思っていたのですが、それが変わったのはきっと盆栽を始めてから。
今もマンションのベランダで盆栽たちは元気に育っているのですが、やはり日当りなど色々制限があります。

今思い描いているのは、日当りのよい縁側とそこに面する庭がついた小さな和風平屋。
基本的に物が少なく手の込んだこともあまりしない小さな暮らしを営んでいるので、サイズ的には豪邸どころか人並みの家すらいりません。
仕事とパートナーと盆栽さえあればいい…そんな郊外暮らしを思い描いては、とりあえず賃貸でもいいから理想物件はないかと不動産サイト巡りに精を出しております。

関連オススメ記事↓

妖怪自宅ばばあの夢の自宅
自宅ばばあはマドリストである。 (参照記事「間取り、間取れば、間取るとき。集えマドリスト!」) 年1周期で訪れる『賃貸サイト巡回祭り』に突...

『百漫画』について

自分の基地となる、自分メディアを目指して

フリーランスの漫画家がここにいるよ!という声を上げる為に始めたブログです。
百万と漫画で『百漫画』。うまいこと掛かりましたね(どやぁ)。

お仕事の獲得に繋がるような広告漫画のノウハウを中心に…と当初は考えていましたが、今は考えや想いを含め様々な記事を書き綴っています。
漫画あり、仕事論あり、生活ありの雑多なブログですが、クリエイターの端くれとして読み物として面白いと思ってもらえるものは目指しているつもりです。(笑)

そんな適当さではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

関連オススメ記事↓

何のためにブログを書くのか〜私はただファンが欲しいだけだった
「百万さんのファンです!」 「いつもブログ読んでます!」 ブログを始めて約1年。 初めて会った人から、何度そうやって言われたことだろう。 フ...