目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

結婚を祝福されたいなら(略)ブログは更新し続けるべき

IMG 1425

お久しぶりです、というあいさつも空しく響く程の過疎ブログ。
そして私こそがこのブログの主…そう、数字の百に数字の万で百万(34/漫画家)です。
今日はちょっといいことがあったので、その勢いでブログを書き始めております。

書きたいことがなかったわけでもないんですが、どうしても後回しになってしまう。
仕事の〆切があると「ブログする暇あったら少しでも進めなきゃ」と思う。
ちょっと仕事が途切れると「ブログする暇あったら少しでも営業して仕事取らなきゃ」と思う。
そりゃ更新しないわけですよ。

そして普段書かないから、いざ書かなくてはいけないことが出てきたときに、書き辛いっていうね…。
そう、私は告知をしたいのです!つまり、宣伝です!!(バーン)

しかし告知のときだけ投稿しにやって来るってどうなの。
普段の飲み会には顔を出さないのに、突然やってきたと思ったら『今度結婚するんだ!みんな呼ぶから絶対来てね!』とか言い出す女のようじゃないですか。

だからと言って「気まずいなー、ご祝儀目的だと思われちゃうよなー」と躊躇しているうちに報告のタイミングを逃し、式も終わり、あとになって実は結婚していたことが他人から伝わり『なんで教えてくれなかったの!?』という思いをさせるのも同じくらい気まずいわけで。

でも、結婚報告をスムーズに行う為に、普段の飲み会があるわけでは決してないんですよね。
顔を出すだけですぐ帰る、つなぎの参加じゃ意味が無い。
たまには結婚報告なんて大事な話もあるかもしれないけど、いつもの飲み会も楽しかったり勉強になったり、それはそれでちゃんと意味があるものじゃないと。
そうやって普段交流している友人だからこそ、結婚も心からおめでとうと言ってもらえるのじゃないかと。

…ブログの更新の話ですよ?(笑)

ブログを定期的に更新するには、考え方を変えなくてはいけないみたいです。
つまり、こう考えることにしました。
ブログは空いた時間にやるものではなく、時間を取ってやるべき大事な「仕事」である、と。

やるべき仕事、というと強制的な感じですが、私は本当はやりたいのです。
情報発信をして自分メディアを作ることは、フリーランスには絶対有効だと思っていますし、やっぱり描いたものや書いたもの、自分の制作物は皆に見て欲しい。
(そしてあわよくば褒められたい)

だからどちからというとブログについて考え方をシフトすることは、自分にとって「いいこと」だと思うわけです。

試しにこの投稿を書き始める前に、ネタ出しをしてみました。
ほんの10分程でタイトルだけ埋めたブログの下書きが約30記事分出たので、このまま調子良く行けそうな気がしています。

あいさつもそこそこに次の記事で早速結婚発表もとい告知をしますので、とりあえず次の更新はすぐですね。
COMING SOON…!(男性外国人のいい声で)