目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

分割された記事を読むほど人は暇じゃない

161018

ブログってやっぱり1記事1テーマが基本だと思うんですよ。
その方が伝わりやすいってことももちろんあるけど、結論まで行かず「明日へ続きます」とか言われても、よっぽどのファンでもない限りわざわざ続きを読みに行かない。

例えば『ファスティング始めました!1日目レポート』とか。
『話題の本〇〇購入しました!今日から読みまーす』みたいな。

いやそれ終わってからまとめて書けよ、と思っちゃうわけです。
だって、暇じゃないからね。

分ければ数日分のネタになるってのはわかるんですけど、それは完全に『書き手』の都合ですよね。
『読み手』からするとメリットが無いんです。
ブログを始めたばかりの人に多いかな。
ブログ初心者から中級者にステップアップするには、戦略性のない連続記事は卒業した方がいいと思うわけです。

戦略性というのは例えば長期プロジェクト、何かのイベントに向けて定期的にネタを小出しにしていくとか。
1テーマだけど長くなるから2つに分けて、「一度に」前後編として公開するとか。
そういうことですかね。

そもそも分割記事って、時系列に書かれていることがよくあります。
つまり『日記』です。
不要な情報が多いんです。

全てが終わってからまとめれば、『要点』だけで済むんですよ。
そしてそれこそが読み手が求めているものです。

振り返ってみてそれでも色々あった!と言うなら、それは時系列ではなく多面的に捉えて分割するべきです。
この一面ではこうだった。別の角度から見るとこうだった。
それを1記事ずつにするんです。
つまりそれが最初に言った『1記事1テーマ』ってことになるんですけどね。

読者を意識して、素人丸出し連続ブログ日記を卒業してみませんか?