目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

ブログをできるだけ毎日更新した方がいい理由

160914

何故ブログはできるだけ毎日更新した方がいいのか。
それは『記事を重ねるほど、ブログが自分の分身として成長していくから』

漫画や仕事、人生観、生活のことまで晒している私は、ブログそのものが自分の分身であると考えている。
(お仕事特化ブログや情報ブログなど、私と違うタイプのブロガーには今日の記事は意味がないかもしれない。)

それぞれのブログの記事は、書き手を形作る破片である。
何十年と生きていろいろなことを経験し、考え、成長してきた一人の人間の分身だ。
たかが2、30の記事で表現できるわけがない。
だから、いいことも、悪いことも、仕事のことも、人間的なことも、毎日毎日たくさん書けばいい。
書けば書くほど精度は上がり、ブログは書き手そのものに近づいていく。

お仕事ブログと違って、いろんな面で本人そのものだからお仕事以外にも友達だったり、ファンだったりがブログを通じて生まれる。
それが今の私のブログだ。

そのように考えると、いいこと書こうとか、役に立つこと書こうとか考えて、逆に書けなくなってしまう…という状況がいかに無駄なことかわかる。
だって、自分ってそんなにいい人でもないし役に立ってばかりのバリバリ人間でもないじゃない。
悲しみでも、怒りでも、なんでもいいわけだ。
何を書いたって本音でさえあれば、それは自分を形作る一要素。
分身であるブログの糧となる。

だから、できるだけ毎日書くといい。
それが私のアンサーである。

私のブログにそんな悲しみや怒りの記事なんて見たことないって?
だって、私本体がそれを人に言うタイプじゃないから(笑)