目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

「ほぼ毎日更新」を掲げるブログの更新が止まった訳

171230

このブログはフリーランス論だの仕事論だのをまあまあ偉そうに語っております。
いやもちろん「私は偉い」と思ってやってるわけではないですけども。
私が実践していることや失敗から学んだことが、誰かに共感してもらえたり役に立ったりするといいなあという気持ちで書いております。

けれどそれができるのは、やっぱりある程度心に余裕があるときなんですよね。
「はあ〜、私みたいなゴミ野郎なんて…」
と思っている真っ只中には、そんなブログは書けないわけです。

なんの話かというと、ここ数ヶ月ブログの更新が停滞していた理由でございまして。
自己肯定感K点越えな私ではありますが、非常に珍しく長期間沈没していました。
理由は…仕事でやらかしたから。

そりゃ人間誰しもやらかしますよ、やらかしたなら取り返せばいいんです。
と、口で言うのは簡単ですね。

実は私は自分で言うのもなんですが、めちゃめちゃ打たれ弱いのです。
だからそもそも打たれないように最新の注意を払って仕事をしている。
スケジュール管理、自信を持って出せる自分のベストな提案、先を考えてのフォロー…やらかさないように常に頭を使っているのです。

私は努力により「仕事ができる自分」であることで自分を保っているという、可愛げの無いプライドおばけなのですよ。

もちろん手持ちの案件は常に複数同時進行しているので、ひとつの案件に何か起こっていようと他の仕事に影響を出すわけにはいきません。
やらかしている案件以外は何食わぬ顔でいつも通り進めていきます。

けれどどれだけ他で認められようと褒められようと、私自身はやらかしている案件があることを知っているのです。

クリエイターは制作することが仕事です。
すなわち制作できないクリエイターに人権なし

こうして後ろめたい気持ちでブログが書けなくなっていったのでした…。

しかしこんな状況、こんな気持ちのまま年を越すわけには行きません。
12月で巻き返し、最後のひとつも形にして(そう、やらかしていたのはひとつじゃなかったのです…)なんとか提出を致しました…!
そして今私は晴れやかな…とはいきませんが、安堵の息をつきながらこのブログを書いているわけです。

やらかした件に関しては私が勝手につまづいていただけで、最終的な成果物が悲惨な出来だったとかそういうことではありません。
いずれもまだ途中の段階なので、引き続き最後まで全力を尽くすのみです。
けれどひと段落するまでそのつまづいた原因を見直すこともできなかったので、それはまたブログが助けてくれるかなと思います。

心に余裕がないとブログが書けないというのも事実なら、ブログを書いていないから心に余裕ができないというのもまた事実。
「ほぼ毎日更新」の看板を掲げ直して、また新たな年を過ごしたいと思います。