目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

ブログがなかなか書けないとお困りのあなたへの1番簡単なアドバイス

170502

原因はほっといて、とりあえず自分が書きやすいように書く。

以上です。

…まあこれではあんまりですね、補足しましょう。
要は書かなきゃ始まらないって話です。

先日、打ち合わせ中にお客さんが
「ネタはたくさんあるのに、SEOを意識するとなかなかブログが書けなくて…」
というようなことを仰ってまして。

「書けないくらいならそんなもん意識しないで、好きなように書けばいいんじゃないですか」
と言ってみたら、「そうか、そうですよね!」と大変喜ばれました(笑)

こうすると伝わりやすいとか、こうすると検索流入が増えるとか、仕事に繋がるとか、『守るといいことがあるかもしれないルール』ってたくさんあると思うんですよ。
でも結局1番大事というか、まずクリアしなきゃいけない問題って兎にも角にも『ブログを書く』ことですよね。

書かなければ、ブログ記事が無ければ、何ひとつ生まれないし伝わらない。

文章が長くなる、短か過ぎる、小難しくなる、日記ばかり、言いたいことがまとまらない、愚痴が多い、文章がわかりづらい、構成がめちゃくちゃ、テーマが偏る…
目的意識を持ってブログを書いている人なら、人それぞれいろんな悩みがあると思います。

でもそれを気にするせいでブログを書くハードルが上がって書けないなんて、本末転倒ですよね。
うまく書くことが目的じゃないんですから。
書きたいことがあって、それを的確に伝えるためにはうまく書けた方がいいって話でしょ?

正直言うと、私はかなりSEOやライティングのスキルを軽んじてます(笑)
重視しているのはコンテンツ。
まあブログを書き始めた当初よりはだいぶましになったとは思いますが、結局は面白ければいいでしょ派と言いますか。

大して中身も無いくせに、お決まりの型やSEO意識のタイトルのつけ方ばっかり習得した量産型アフィブロガーは滅びろとも思っています。
おっと〜口が滑りました。

でもそう思いませんか?
きれいで読みやすい構成と文章のゴミコンテンツより、あなたにしか書けない完全オリジナル駄文の方が絶対面白いはず。

だから、とりあえず書きゃいいんですよ。
書いて形にしてしまえば、そのあとに気になるところを直すことはいくらでもできるんですから。
書けない書けないと頭を悩ませているより、たぶんその方がよっぽど早いです。

長かろうが短かろうが、
写真があろうが無かろうが、
PCで書こうがスマホで書こうが、
アメブロだろうがWordpressだろうが、
お役立ち情報だろうがプライベート丸出し日常だろうが、

あなたが書きやすい方法が、まずはあなたにとっての『正しい書き方』です。

…ま、言うまでもなくこれは第一関門なので、難なくできるようになった人は『読みやすく面白い完全オリジナルステキ記事』を目指しましょうね!(耳が痛い)