目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

盆栽・ストーリーは突然に

160423 1

Twitterでのやりとりである。
お互いフォローもしていない見ず知らずの関係だったが、この後すぐに直接連絡を取り合い、3日後に会うことになった。

私は常々残念に思っていた、いや、怒っていた。
「盆栽はとってもステキなのに、業界はPRが下手過ぎる!このまま滅びる気か!!」
(詳細はこちら。『盆栽に携わる皆さまへ。耳の穴かっぽじってよ~くお聞き!』)

1,000人の盆栽愛好家がいたとする。
そのうち30代以下の若い人(この業界においては私くらいでも充分若い)は100人くらいだろうか。
そしてその半分50人が、私と似たようなことを感じているとする。
しかし。

さらにその中でその現状を打破しようと動くのはたった1人。

その貴重な1/1000、『自称盆栽漫画家百万』と、大学1年生にして盆栽の魅力を伝えようと独自に活動を始め、盆栽メディア運営に関わる『ライター金枝 輝(カナエダ ヒカル)』氏は出会ったのだ…!

でもこれは偶然がきっかけではあるけど、「縁」とか「奇跡」とかそういう類いのものではなく、同じ想いで動いたらそのうちどこかでかち合ってたんだろうなと思う。
ツイートひとつに反応し、その3日後には会うという行動力とスピード感を持った者同士なのだから。

お陰さまでとても楽しい時間を過ごすことができた。
私たちは盆栽屋の跡継ぎでもないし、なんなら超初心者だし、それぞれに目指す道がある。
でも動かないプロより、動く素人の方が力になることもあるんじゃないか。

盆栽漫画家としての活動に本腰を入れようとしていた矢先のテンションが上がる出会い。
これだけで終わらせず、有言実行で盆栽関連も動いていきたいと思います。

金枝 輝
Twitterアカウント/@hikarubonnsai
主な活動サイト/SEKAI BONSAI