目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

寄せ植え盆栽の作り方(お正月お飾り編)

一流芸能人ならぬ一流盆栽漫画家として、見事本物の盆栽を一目で見抜くことができたので(『盆栽漫画家の計は元日にあり』)堂々と更新していきますよ〜。

初心者ざっくりバージョン、寄せ植え盆栽の仕立て方です。

用意したもの

160104 1

・素材(黒松、ゴールテリア)
・盆栽鉢
・土
・はさみ
・はりがね
・鉢底ネット
・へら付きピンセット

正月だから松と、あとなんか赤色のめでたいやつあればそれっぽくなるはず、というゆるい感じで素材を選んでみました。

1.素材を整える

160104 2

盆栽はとにかく見た目をかっちょよくする必要があります。
買ってきた素材はそのまま使わず、幹や枝振りを見てどこを正面にして育てるか決めて(盆栽には必ず鑑賞する方向がある)枝や葉を整えます。
最初の写真と見比べて、なんとなくすっきり整った気がしますよね?

2.配置を決める

160104 3

素材が用意できたら、鉢の中に仮置きして配置を決めます。
これはお花の寄せ植えでもやりますかね。
お花の場合は花の色合いや種類で決めるかもしれませんが、盆栽の場合は「奥行き」や「比率」を重視します。

3.鉢の底に網を張る

160104 4

土が穴からこぼれないよう、鉢底ネットを針金で固定します。
盆栽は木そのものを針金で下から固定する場合もあるので、盆栽鉢は小さな穴が複数あいているものが多いです。

4.鉢底に底土を敷き詰める

160104 5

盆栽にはだいたい2種類の土を使います。
詳しい種類は割愛して、簡単に言えば底用の粗い土とその上に盆栽を植える為の目の細かい土ですね。

5.盆栽を植える

160104 6

先程仮置きして決めた位置に盆栽を置き、土をかけて植えていきます。
盆栽用の土は一般園芸用とは違い、土というより砂利っぽい粗さがあります。
根の隙間にもきっちり土が入り込むように、へらや竹串などでざくざく押し込んでいきます。

6.コケを貼り完成

160104 7

盆栽といえばだいたい足下が苔に覆われているイメージだと思うのですが、別に機能的には意味が無いです(笑)
見た目を整える為に貼ってます。
でもこれでそれっぽくなりましたよね!?

もう1度全体を整えて完成です。

今回のびんぼんさいのお値段

160104 8

・黒松…¥1,000(ホームセンター)
・大実ゴールテリア…¥700(盆栽園『清香園』)
・盆栽鉢…¥1,200(盆栽展の販売で入手)
・正月飾り…¥108(ダイソー)

とても形のいい松がお安く手に入ったのでラッキーでした。
ホームセンターは掘り出し物があるので狙い目です。
鉢は私が持っている中で1番高いやつですね(笑)。

というわけで今回のびんぼんさいは約¥3,000でした。