目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

山田香織さんは実在した!彩花盆栽ギャラリートークに行ってきた

160506 1

盆栽人なら知らぬ者はいない有名なお方ですが、百漫画読者の平均盆栽度数は恐らく松潤の5万分の1くらいだと思うので、まずは簡単にご説明。
山田香織さんは、大宮盆栽村に存在する盆栽園のひとつ、170年の歴史がある『清香園(せいこうえん)』の園主です。

父登美男さんが始めた『彩花盆栽』という新しい盆栽の楽しみ方を受け継ぎ、教室などを開いて若い層を中心に盆栽の魅力を広めていらっしゃいます。
清香園に行けば一目でわかるんですけど、他の盆栽園と雰囲気が全然違うんですよ。
盆栽特有の敷居の高さがなく、ちょっとしたおしゃれカフェに入るような感じで盆栽を楽しめます。
スタッフの若さと多さもスタバ並みですよマジで(百万主観)。

で、どうして有名かというと、盆栽を今の世代に広めるために幅広く活動されているからですね。
具体的には本を出したり、テレビ出演したり。
NHKの『趣味の園芸』でキャスターをしていた時もありますし、テレビで見る盆栽家の8割は小林國男さんか山田香織さんです(百万偏見)。

前置きが長くなりましたが、そのように精力的に活動されているせいか、私何度も清香園に足を運んでいるにも関わらずご本人にお会いしたことがなかったんですよ。
しかし先日の『大盆栽まつり』では普通に店頭でお客様対応をしていらっしゃいまして!
動く生山田先生!!(笑)

ついでに5日には山田さんによるギャラリートークもあるということで、予約して行ってまいりました。

160506 2

園の建物内では大盆栽まつりに合わせて山田さんの手による彩花盆栽の作品が並べられ、じっくりと拝見することができました。
彩花盆栽の特徴は、木一本で風景を想像させる一般的な盆栽に比べ、岩や化粧砂、草花を多用しより具体的に風景を描き出すところにあります。

160506 3

水色のはっぴを着て後ろに髪をまとめている方が山田香織さん。
盆栽の見方や木の紹介など、初心者向けの内容でしたが、やはりお話が上手です。
わかりやすくその魅力が伝わってきて、参加者の皆さんも楽しんでいらっしゃいました。
(そんな中一人だけ熱心にメモを取るガチ勢の私…)

160506 4

作る、育てるということだけではなく、ぜひ盆栽との「ゆったりとした時間」を楽しんで欲しいと語る山田さん。

160506 5

トークしながらの苔張り体験も。
苔張りは簡単にできて「盆栽をやってやった感」があるのでいいですよね(笑)

いつかお話ししてみたいものだと思いつつ、今は私と話す時間を取ってもらうより大盆栽まつりに来ているお客さんと一言でも多く言葉を交わして盆栽の魅力を伝えて欲しい…!頼んだぞ…!!という何様だよな思いで退園。

名実ともに日本一の盆栽漫画家になった暁には、ぜひまたお会いしたいと思います。
がんばるぞい。