目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

壊滅的に植物が育てられないあなたへオススメする盆栽おもちゃ3選

私が盆栽盆栽うるさいので、ありがたいことにちょいちょい「育ててみたい!」という感想を頂きます。
ただ残念ながら、同じくらい「私には無理かも…」という声も。

馴染みがないと難しく感じるかもしれませんが、盆栽も要は植物です。
普段園芸をされている方はもちろん、よっぽどずぼらでなければすぐにダメになってしまうことはそうそうありません。

…とは言え。
中にはサボテンすら枯らしてしまうような『本物のムリな人』もいるでしょう。

しかしそんな方でも大丈夫。
世の中にはいろんなモノが存在します。
そう、枯れない盆栽があれば枯らす心配がない!というわけで、今日は盆栽を模したおもちゃをご紹介したいと思います。

(以下画像は楽天市場よりお借りしております)

プラッツ『THE 盆栽』

こちらは本物そっくりな、盆栽のフィギュアです。
雑貨屋でこれがずらりと並んでいるのを初めてみた時は興奮してしまいました(笑)
松、杉といった盆栽定番の木から、草物盆栽、苔玉まで揃っています。

完成品のフィギュアとして10種類ある他、なんと自分で組み立てて作れるプラモデルも3種類あります。
1,500円〜2,000円程度。

プラッツ 商品ページ
http://www.platz-hobby.com/categories/231_232.html

カワダ『ナノブロック』シリーズ

今はレゴブロックの方が主流かもしれませんが、私の子供の頃はダイヤブロックという日本製のブロックがメジャーでした。
メーカーであるカワダでは現在、大人のホビー向けに『ナノブロック』というパーツの小さなブロックを展開しており、その中に盆栽キットがあります。

ブロックなので繊細さはありませんが、いかにもなおもちゃ感にはまた別の趣があっていいですよね。

カワダ 商品ページ
http://www.diablock.co.jp/nanoblock/catalog/visual_scene

立川紙業/妄想工場『紙盆栽』

こちらはまだ実物を見たことがないのですが、素材の紙にこだわったペーパークラフトです。

たぶん幹を組み立てて最後に花や葉っぱをつけるのだけど、つける位置が決まっておらず自分で配置を決めていくので本物の盆栽同様枝振りのセンスが問われそうです(笑)

紙盆栽 商品ページ
http://www.kami-asobi.jp/kami-bonsai/

いかがだったでしょうか?
私は本物を持っているというのに、プラッツの『THE 盆栽』を集めたくてしょうがありません。

インテリアとして楽しむのはもちろん、盆栽もおもちゃも日本らしさが満載なので外国の方へのプレゼントにもいいかもしれませんね。