目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

盆栽教室に通うことになりました(夫が)

180513
(教室の猫さん)

盆栽に出会って7年、盆栽町に移り住んで3年。
とうとう盆栽教室のお世話になることになりました。
うちは夫婦で盆栽をやっているので、話し合った結果夫が通うことに。
(なお私は盆栽アカデミー初級コースは無事受講を終えましたが、中級クラスは落選した…!)

これまで独学で、とにかく枯らさないように水遣りだけは気を使ってきましたが、植替え・葉刈り・肥料は本やネットを見ながらなんとなく、芽摘み・剪定・針金掛けなどは資料だけではどうしていいかわからずほぼ手つかず。
限界はとっくに感じていました。

だから教室にはいずれ通いたいとは思ってはいたのですが、なかなか通えず。
忙しいとか躊躇しているというより、何となくタイミングを逸してしまった感じでした。

それが今回やっと決意できたのは、先日の大盆栽まつりで今盆栽熱がフィーバーしていることもありますが、最近うちの松が病気になってしまったからです。
なんだか様子がおかしいけど、どうしていいかわからない。
ネットで調べてもそれが同じ症状なのか判別もできない。
そうしてるうちに他の木にも移ってしまい…。

だから教室の初日にはその木を持って行ってもらったのですが、見てもらったらすぐに原因が判明し、対処法も教えてもらえました。
(こういう状況で発生しやすい、と教えてもらった話がうちのベランダの環境とどんぴしゃだった!)

そのほか夫がその日1日で持ち帰ってきた情報は、どれも生きた情報というか、独学ではわからなかったことばかりで。

もっと早く行けばよかったという後悔もありますが、それよりもこれからの盆栽ライフが楽しみでしょうがないです。
本当は私も通いたいくらいですが、最初に言ったように夫婦で一緒に盆栽を育てているので、同じ教室に二人分月謝を払って通うわけにもいかない笑

夫から技術を又聞きで教わりつつ、私には私にしかできないことがあるので引き続き盆栽漫画家として頑張りたいと思います。