目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

修正はあるものと思え!広告漫画のプロのこだわり

161026 a

私は漫画の制作をパソコンで行なっているのですが、その際に上の図の様に背景、キャラクター、そしてセリフをバラバラのレイヤー(層)にして作っています。
これを全てのコマ、ページでやるのはなかなかの手間です。
どうしてそんな面倒なやり方をしていると思いますか?

161026 b

例えばこのサンプルのコマだと、「外国人!」という吹き出しの下にこのキャラクターの耳や頭を描いたって、吹き出しで見えないわけですよ。
基本的には無駄な作業です。
しかしこれをやっておくことは、広告漫画家として大きなリスクヘッジになるんです。

例えばこのコマを見たお客さんから、「やっぱり外国人!ってやついらないなあ」と言われたとしましょう。
(っていうかこれどういう漫画だよ?という質問は受け付けません・笑)

もし吹き出しの下に絵を描いていなければ、セリフを消して、その分を描き足さなくてはいけないんですね。
色も塗って完成している絵に付け足しで描くのは、容易な作業ではありません。

しかし最初から描いてあれば、吹き出しのレイヤーを外すだけです。

161026 e

また別のパターンで、お客さんから「外国人!だけだとインパクト弱いから、本物の外国人!にしてもらえませんか?」と修正指示があったとしましょう。

「ネーム(本制作に入る前の漫画のラフ)の段階で言ってくれよ!」と言いたい気持ちを飲み込みつつ、お客さんの言うとおりにとりあえずセリフと吹き出しを修正してみると…

161026 c

こうなります。

セリフが2行になってしまったので、吹き出しも大きくなってキャラクターの顔が隠れてしまいました。
ここでもし背景もキャラクターもこのコマに一緒に描き込んでしまっていたら、今度は描き足しどころか最初から描き直さなくてはいけません。

しかし最初にご説明したとおり全て別々に描かれているので、キャラクターと背景、残りの吹き出しの位置を調整して修正することができます。

161026 d

このように修正に対応する為に、わざわざ別々に描いているわけですね。

普通の漫画でも修正したり描き直したりってことはありますが、それは「作者が」気になるところだけ直していればいいわけです。
どの程度直すかは本人のさじ加減。

それに対し広告漫画の修正は「お客さんが」気になるところを直す必要がある。
どこをどれだけどう直すことになるかは、最終的に完成するまでわからないのです。

他の広告漫画家がここまでやっているかはわかりませんが、少なくともこの様な修正がありうる以上、広告漫画はデジタル環境で制作しないとやってられないですよね(笑)
手間ではありますが、何かあったときに最初から描き直すよりは絶対に早いので、私はこのやり方でずっとやっています。

あとこのやり方だと、素敵なオマケがつけられるんですよ。
例えば「この叫んでるキャラの絵だけ欲しい」と言われれば、吹き出しを取った部分もちゃんと描かれているわけですから、キャラクターイラストとしてお渡しできるわけです。
もちろんオマケですので、プラスαの料金はかかりません。

広告屋の鉄則、『修正は必ずある』を踏まえた作品作りができる広告漫画のプロフェッショナル、百万をどうぞご指名くださいませ(笑)