目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

料金表は諸刃の剣〜それでも私が料金設定している理由

151103

最近作り直した名刺の裏面にも、簡単に料金を入れました。

料金を設定するメリット

・透明性により安心感を与えられる
・見積りの労力と時間が短縮される

料金を設定するデメリット

・「予算が合わない」と思われると、見込み客を逃す可能性がある
・逆に予算があるところからは、取れるはずのものが取れない。

どちらがいい、悪いではありません。
物販、サービスの場合は、オークションでもない限りほぼ料金設定はあった方がいいでしょう。
しかし私のように『完成品が目に見えて存在していないもの』を売る職業の場合(イラストレーター、WEBデザイナー、セミナー講師、ライターなど)、料金表のありなしどちらをとるかは自由です。
メリット、デメリットをよく考え、自分に合うスタイルを自分で決めればよいでしょう。

そして私は自分なりに考えた結果、メリットの方を取り料金設定をすることにしました。
理由は色々ありますが、とにかく1番は上記メリットにも書いた『見積りの労力と時間が短縮される』ということです。
見積り=どうしても腹の探り合いと感じてしまい(この感覚を払拭できず、広告代理店の営業だった頃苦労したのですが…)苦手であることと、そんな苦労をしてやり取りをしている時間があったら作品の質を上げる方に集中したい、というのが私の結論でした。

それは別に苦労でもなんでもない、という人は、見積り方式でもよいと思います。
生産性を上げたり、原価を見直したり、利益を得るためにやれることは様々ありますが、見積りによって『相手が支払ってもいいと考える金額を目一杯もらう』方法ほど、効率がいいことはありませんから!

まあ、見積り方式を採用しなかったからと言って「漫画さえ描かせてもらえれば、収入が少なくても幸せです!」というわけでもないので、そのへんはちゃんと考えて金額の設定はしています(笑)
デメリットに『「予算が合わない」と思われると、見込み客を逃す可能性がある』と書きましたが、これは逆に言えば『安く買い叩こうとするクライアントを遠ざけることができる』予防線でもありますからね。

ちなみに仕事としてご縁がない人にはわかり辛いかもしれませんが、私の漫画・イラストの料金は業界的には「激安ではないけど、決して高くはない」です。
『作画料』と見ればもっと安いところはあるのですが、私の場合資料を頂いて、PR方法など最適な広告提案をするところからですので、相対的にお得であると自負しておりますよ。

また理由のない値下げ交渉には応じませんが、相談により納得すれば下がることもあります。
会社じゃないのでそのへんは自由ですから。
単価は安いけど連載だとか、他の方を紹介してもらえるとか、今後の為にどうしてもやりたいと私が思ったとか。
ですので、ご興味があればお気軽に相談してみて下さいね。

料金表はこちらです。