目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

楽しく生きているなら、会社員もフリーランスも起業家も関係ない〜勤め人のあなたへ

161223
(投稿用の漫画を描く時間を確保しつつ、好きな店で楽しく働いていたフリーターの頃の私)

私のブログを普段から読んでくれている方の中に、
「フリーランスって自分の自由にできていいよなあ、なんかカッコいいし!」
なんて単純な憧れを抱いている人はさすがにいないと思いますが(笑)、

「好きなことを仕事にしてていいなあ、なんか信念もあるみたいし!」
くらいに思ってくれている人はいらっしゃると思います。

昨今は『自分らしく生きる』『好きなことで生きていく』という考え方が浸透し、それを具体的な生き方として実践する人も増えています。
そしてその実践者たちには、twitterなどで大きな発言力を持つ人も少なくありません。

もしかしたらそういった流れに敏感な会社員の方の中には、なんとなく会社員でいることの焦りや劣等感を感じている人もいるのではないでしょうか。

でもね、それはナンセンスだと思うのですよ。

元々独立心が旺盛で、「自分は絶対に起業家になる!」と思って事業を始める人もいるでしょう。
でもそうじゃなければ、働き方なんてより良く生きるための手段に過ぎない。
独立した方が自分のやりたいことを実現できる、もしくは独立しないと自分のやりたいことが実現できない、それなら独立すればいいっていう、ただそれだけのことだと思うのです。

会社員だろうがフリーランスだろうが起業家だろうが、自分が働きやすい環境で、楽しく働けていればそれでいいんですよ。
むしろ会社というある意味自分を保護してくれる居場所の中で、楽しく働けるなんて最高じゃないですか?
私は私が望む環境で働ける場所があるなら、今からでも会社員になったっていいです(笑)

ついでに言うと、別にやりたいことが無くたって幸せならそれでいいと思ってます。
仕事には生きがいってほど入れ込んでないけどやりがいを感じる程度には頑張ってて、あとは美味しいご飯があればいいとか、家族がいればいいとか。

自分が、『自分が望むものは何か』を知っていればいいのです。
そしてその通りに生きることが『自分らしく生きる』『好きなことで生きていく』ことの答えだと思うのです。

ただし。
逆に会社員だろうがフリーランスだろうが起業家だろうが、自分の生き方に不満があるなら、手段は変えるべきです。

考えるべきは働き方ではなく、自分にとってより良い生き方。

それでたどり着いた結論が『フリーランスとして独立する』なのであれば私は応援するし、このブログには多少お役に立てることも書いてあるのでぜひご覧になって見てくださいね。
(書いてある、はず…)。