目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

優良ドライバーもとい優良フリーランスの車間距離

160710

車間距離って、「空いてる、もったいない!」って詰めるもんじゃないですよね。
前の車に何かあった時にすぐに対応できるように、安全の為にあえて空けているわけです。

フリーランスの場合、車は『仕事』、車間距離は『スケジュールの余裕』です。

時間を自分の裁量で調整できるのがフリーランス。
仕事さえきちんとこなしていればあとは遊んでたって構わないのですが、実際のところは「いつ仕事がなくなるかわからない」という不安からライフワークバランスなんて言葉そっちのけでついつい仕事をしちゃいがちです。

私は私自身が「仕事したい」と思っていますし、特に駆け出しですから『仕事漬け』でも今は構わないと思っています。
けれど、家族のためにも体の為にも週に1日くらいは休みを取った方がいいかなあという気もします。

では週1で休むとして、仕事は残り6日間に入れればいいのか。
これが、ダメなんですよね。
週6で仕事を入れると、だいたい週7で働くことになります(苦笑)
そしてそのあとはもう割り込み割り込みで大渋滞必至。

仕事というのは、うまくいくようにあらゆる努力をすることは大前提だけども、だからと言って全て予定通りにいくものではありません。
自分の力不足でうまくいかないこともあれば、クライアントからの急な修正や依頼に対応しなくてはいけないこともある。

だったらうまくいけばラッキーくらいに捉えて、最初から何かあったときの『車間』をとっておくのが利口ですよね。

そしてもっと理想を言えば週1で休みたいなら、実作業(私で言えば漫画・イラストを制作することや、それに伴う打合せ)は4日と半分くらいに収めたい。
残り1日半は、実作業に何かあったときの予備(『バッファ』なんて言ったりしますね)の意味と、『これから先の仕事』について考えたり準備したりという時間にしたいです。

その1日半こそ、これからの自分の人生をデザインする大切な時間なのです。

(ちなみに「4日半」などという言い方をしていますが仕事は流動的なので、例えば日曜を休みにするからといって月〜金AMを実作業、金PM+土を予備にするという意味ではありません。
月〜土の6日間の間にトータル1日半分の余裕があるといいという話ですね。)

まだまだその辺のスケジューリングが甘く理想通りにこなせてはいないのですが、長く好きな仕事で働くためにも優良ドライバーもとい、無事故無違反優良フリーランスを目指したいものです。