目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

今ならはっきり言える。「仕事欲しけりゃブログやれ」

160321

お気づきの方もいるかもしれませんが(気づかれたくないので黙っていましたが…)、このブログカテゴリーの『制作実績』はなかなか更新されません。

まともに独立したのが1年前とは言え、いくらなんでも少な過ぎます。
それより前の実績をあまり公開したくない、現在長期の案件にかかり切りである、実績として公表できない案件(企業の社内マニュアルなど)が多いなど、理由はいくつかあります。
が、まあ端から見ると「たいして実績のない人」には違いない。

しかし…これまたお気づきの方がいるかもですが、サイト右上の『お仕事の状況』は、「数ヶ月先以降の案件しか受けられない」となっています。
何故なら、実績が不透明な上、はっきりとした時期がお約束できないにもかかわらず、仕事の依頼が次々に来ているからです。

つまり、絵が上手く経験豊富だからではなく、たまたまスケジュールに対応できるからでもなく、『百万だから頼みたい』と言ってもらえている状況なのです。
こんなありがたいことがあるでしょうか。

では何故そんなことが起こっているのか。

それは間違いなく、日々ブログを更新しているから。

実績どころか、広告関連のノウハウすらあまり書かれないこのブログ。
主に私の思ったことや、落描き同然の漫画をとりとめなく綴っているだけです。

けどそうやって肩肘張らず自分のことを発信していたからこそ、なんとなく私に親近感や信頼感を感じて頂き、仕事を頼んでみたいと思って頂けたものと思います。

ネットで簡単に値段やサービスを比較できる今は、『何を買うか』ではなく『誰から買うか』の時代です。

ただ商品やサービス、成果物の『最終形態』を見せるのではなく、それらをどんな想いで売っているのか、売っているのはどんな人間か、それを伝える必要がある。
そしてその為の最高のツールがブログなのです。

正直ひとつの大きな案件に取りかかった当初から、「営業する暇もなくなるし、これが終わったらまた仕事無しになるんだな…」という不安がありました。
でも、だからこそブログをやって、自分の代わりに営業してくれる自分の分身を作ろうと思ったのです。
本当にブログが私の力になるか半信半疑だったけど、今、少しずつだけど確実に実を結んでいます。

ブログを通して人との繋がりができるとか、自分の日々に一本の芯が通って頭がすっきりするとか、他にもブログには色々なパワーがありますが、とりあえず「仕事欲しけりゃブログやれ」は全てのフリーランスに声を大にして伝えていきたいと思います。