目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

セルフマガジンを作っています

160521 0

『セルフマガジン』というのは、個人版の会社案内のような小冊子のことです。
カメライターでありブロガーのかさこさんという方が提唱していて、彼の界隈では激アツのセルフブランディングツール。
これを今作っております。

ネットよりすごい!セルフマガジンの絶大なる効果
(好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライターかさこのブログ)
http://kasakoblog.exblog.jp/21896725/

160521 1

(百万所有のセルフマガジンコレクション)

実はかさこさんに出会うより前に、私は自分発想で『セルフマガジンもどき』を作っています。
その頃は自分の足で歩き始めたばかりで実績は何も無かったので、「手ぶらでは戦えない、漫画家なんだから漫画を使った販促ツールを作ろう」と考えたのです。

その時からやりたいことや自分の強みについては常に考えていたので、作りは甘いですが今見ても内容的にはそれほど悪い出来ではないと思っています(笑)

160521 2

しかし完全独立して間もなく1年半。
ありがたいことに少しはご紹介できる実績もできてきたので、今度こそかさこさんから学んだことをベースにセルフマガジンを作ることにしました。
というか、そのかさこさんご本人のセルフマガジンを初めて見たときからいつか自分も!と心に決めていたのです。

今月末にかさこ塾フェスタ、そして来月末にはクリエイターEXPOもあるので、作るなら今しかない!という感じで1週間ほど前に着手。

何やかんやで実質4日くらいで作りました。
いや、まだできてないけど明日にはなんとか…じゃないと印刷が…。

セルフマガジンについてはもうずっと頭の中で考えていたので、ターゲットや構成、具体的な内容は割とすぐ決まったのですが、私は今回大きな課題を自分に課していました。

それは、

イラレ(Adobe illustrator)を使って自分でデザインをすること。

もうずーっとイラレは騙し騙しやってきたんですけど、ここらで本当にちゃんと使い方覚えないといかんなと。
元々デザインは専門じゃないってのもあるんですけど、それ以前にソフトとしての使い方がチンプンカンプンだったんですよ。

『基本の操作』を知っていても、自分で何か作ってみないと絶対に使えるようにならない激ムズソフトイラレと格闘し、何度も「フォトショでやった方が早い!!」と歯ぎしりしながら、なんとか終わりが見えてきたところです。

自信がついたなどと口が裂けても言えませんが、抵抗感はだいぶ薄れて仲良くなれた気はします。
頑張ってよかったです。

本当はラフだったり初稿の時点でいろんな人に見てもらってブラッシュアップしたかったのですが、こんな状況ではそれも叶わず。
とりあえずかさこさんにだけは見て頂きアドバイスをもらって、あとはひたすら己を信じてやっております(苦笑)。

お披露目は5/29(日)のかさこ塾フェスタ。
それが終わってから希望の方がいらっしゃれば無料で発送させて頂く予定です。
フェスタに来てくださった方限定で、セルフマガジンにはぶた子ポストカードが付きますよ。

160521 3

塾フェスタには『セルフマガジンコーナー』が設けられるので(私のマガジンもそこに設置)、皆さんのセルフマガジンを手に入れるのも楽しみです。

おまけ〜セルフマガジンラフ〜

最初で最後のラフを参考までに。
ここから制作しながら同時進行で2回手を入れたので、だいぶ変わっています。
特に最後の「百万を形作る3つのもの」はバッサリカット済み(笑)
(1枚目が表紙と裏表紙です)

160521 a
160521 b
160521 c
160521 d
160521 e
160521 f