目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

複数案件同時進行の強い味方!ガントチャートスケジューラー

170216 1

制作業や企画提案が多いお仕事の方だと、複数のお客さんの案件を同時に抱えるというのはよくあることですね。
当然それぞれに締め切りがあり、1つの案件を終わらせてから次へ…というわけにはなかなか行かず、それぞれを同時に進行することになります。

そんな複数案件をこなす為の強い味方が『ガントチャート』です。

ガントチャートというのは、作業工程を棒グラフのように横長のカレンダーに書き込んで、全体のスケジュールを視覚的に捉えられるようにした表のことです。

私は昨年これを手帳で取り入れてから、かなりスケジュールの管理が楽になりました。(商品の詳細、昨年の手帳状況はこちらの記事をどうぞ。)

170216 2

今年も購入して途中まで使っていたのですが、昨年末から持ち歩くようになたiPad miniでアプリを探して試したところ、これが超快適!特に修正が!

やはりスケジュールというのはなかなか予定通りいかないので、紙だと修正が大変。
普通の手帳でも「打ち合わせの時間が変更になった!」とかで書き換えたりはよくあると思うんですけど、進捗管理の修正となるともう先々何週間分も修正しないといけない場合もありますから。

あと、スクロールで翌月以降も見られるので、月ごとにページが分かれてしまう紙よりも把握しやすいのがいいですね。

というわけで、今はアプリでの管理に完全移行しました。

私はデザインと使いやすさで『Grid Calendar』というアプリを使っています。
得意な人はExcelなどでやっても良いと思いますが、専用アプリの方が気軽に使えるのでオススメ。
(ガントチャート型のスケジューラーは他にもいくつかあるので、ぜひ試してみてご自身に合ったものを選んでくださいね)

案件の規模に合わせた背景色、作業段階ごとの色分けを最初に考えてルール化しておくと、よりわかりやすくなります。

複数案件に追われている皆さま、ガントチャートオススメなのでぜひ試してみてくださいね。