目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

フリーランスの私がお金を稼ぎたい3つの理由

170105

元々「足るを知る」タイプというか、収入が少なくてもそれに合わせてそれなりに暮らしてしまう方です。
子供の頃からお金持ちになりたいと思ったことがありません。
好きなことや、家族、愛、夢など、ラッキーなことに私の人生は平凡なりに満たされてきたので(今もまあまあ幸せです)、お金で埋める必要が無かったのかもしれません。

でも今は、お金を稼ぎたいなあ、と思っています。
そしてそれは、お金が欲しいなあ、とはちょっと違います。

そう思っている理由は3つ。

まずひとつは、結婚をしたから。

現状子供はおらず、夫は勤め人。
両親などの面倒を見なくてはいけない状況でもありません。
夫は男の甲斐性か自分が稼ぐのが当然と思っていますし、清貧極まりない今の暮らしなら、例え私が働かなくともすぐに死にはしない環境ではあります。

けれど私は、夫の収入に頼って生きていくつもりはありません。
結婚をする理由は人それぞれだと思いますが、子供を持たない私にとって結婚とは『お互いが相手の人生に責任を持つこと』。

だから夫が私を養うのを当然のことと思っているように、夫に何かあった時に私が夫を養うのは私にとっては当然のことなのです。
(だから旦那さんがリストラなどにあった時に「こんなはずじゃ無かった、別れたい」などと言う人が嫌だ。)
今のところ夫の方が収入が多いし、私の方が圧倒的に家にいる時間が長いので今は主婦業を多めに担ってますが、もっと稼げるようになったら夫が主夫になってもいいと思います(笑)

2つに、独立2年目の今、自分の制作物、能力、そして自分自身の価値をわかりやすく示してくれるのがお金であると感じているから。

人に与えられた仕事ではなく、この身一つで仕事を生み出している今、お金を頂けるということはイコール私に払う価値があると判断されているということです。
もちろん信頼とか感謝とか目に見えないものもたくさん頂いてますが、自分大好き承認欲求マンとしては、ぜひ数字でそれを感じたいのです(笑)

好きなことを仕事にする時に「お金は二の次」という気持ちで始めてしまう人も多いけど、私は価値があるなら正当な対価を頂くべきだと思っているし、相手にも払いたいと思っています。
逆にもっとお金が欲しいと思っている人は、自身やサービスの価値を高めればいいんですよ。
能力がある人は稼ぐべき、という信条があります。

そして3つめは、お金が稼げると選択肢が増えるから。

自分で動いてどんどん世界を広げていくと、やりたいことが次々に出てくるのですよ。
そしてその時にお金があると、躊躇なく踏み出せるのです。
お金が無いからできなかった、なんてつまらないでしょ?

自分が豊かになるためのお金じゃなくて、面白いことを生み出したり、世の中をちょっと良くできる何かのために使うお金はいくらあってもいいと思うのです。

というわけで、私は稼ぎたい(笑)
こうやって書いてみると稼ぎたいというより、稼げる自分になりたいという方が正しいかもしれません。

お金って、なかなか話しづらい話題ですよね。
でも仕事のパートナーでも、人生のパートナーでも、お金の価値観が合うことってすごく大事でしょ?
きっとこういう言いづらいことこそさらけ出していった方が、いい相手に巡り会えるんじゃないかなあと思います。