目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

描いて書いて喋る広告漫画家はこちらです

170122

先日、ルポ漫画家・WEBライターのカメントツさん(@Computerozi)主催の【クリエイターズ・アスク】というイベントに参加してきました。
様々な漫画家5人が登壇しトークを繰り広げたこのイベント。
メンバーは雑誌連載漫画家として爆発した作家などではなく、個人の発信からクリエイターになった人、電子書籍で売り上げを伸ばした人、皆SNSを武器に今を渡り歩く漫画家さんたち。

登壇者の皆さんのトークがお上手で、漫画家の裏話が聞けることもあり、誰が聞いても楽しめるイベントだったと思います。
私も勉強になることだらけで、話を聞きながら思いついたアイディアをもうすでに実践していたり。

けれどこのイベントの本当の価値は、クリエイターを目指したいけどどうしていいかわからないという人たちにとって、喉から手が出るほど知りたい『そこそこのクリエイターのリアル』がそこにあったということだと思います。

そこそこの、なんて私が言うのは失礼極まりないのだけど、カメントツさんの言葉を借りて言えば「尾田栄一郎先生に漫画のヒットのコツを聞いてもしょうがない」わけです。

今や出版不況で、雑誌も単行本も発行部数が減り続けているということは、漫画家・イラストレーターを目指す人間なら誰でも知っています。
と同時に、ネットを介して誰もが個人で作品を発表できるし、WEBメディアなんてものも存在する。
そんな中で自分はどうすればいいのか、正解は無くとも、それぞれの道を歩いている人の話を聞いてみたいと思うのは当然のこと。
それを見事に形にしたこのイベントは本当に素晴らしかったし、ぜひ2回目以降も開催して欲しいと思います。

そして本当におこがましいのですが、私がブログを通して伝えたいこともまさにこれです。
昨年末、こんな記事を書きました。
漫画を描く能力をお金に換える=稼ぐ人がもっと増えればいいと思うから私はなんでも喋ります

これを読んで、今までひっそりとこのブログを読んでいるだけだったという方何人かから、とても熱い思いが込められたメッセージを頂きました。
これまで発信してきたことは無駄じゃなかったと思った。

クリエイターになる方法に正解はありません。
最短ルートも人それぞれ環境や性格、能力によって異なるでしょう。
それでも私の話が、少しでも誰かの役に立つのなら、私はそれを伝えたいと思うのです。

今後はブログだけではなく、直接お話しさせて頂く機会があるならばそのようなこともやっていきたいと思っています。

そしてそう思い始めたタイミングで、2つのお話を頂きました。
詳しくはまた別途告知を行いますが、

2/19(日)18:15〜@雑司ヶ谷地域文化創造館(東京)
『ミュージシャンのための勉強&交流会“リーダーミーティング”』

4/16(日)@東京文具共和会館2階(東京)
『かさこ塾フェスタ東京』好きを仕事にしている人座談会(仮)パネリスト参加

で登壇を予定しています。

また3月には、私が広告漫画家になろうと思ったきっかけや、ブログには書いていない話などをオンライン上で話すお話会を開催したいと思っています。
オンラインですので、お時間さえご都合がよければ全国どこからでもご参加頂けます。

そう…あるのです。
ブログに書けない話が(笑)

書けることはもちろん今後もブログに惜しみなく書いていくつもりですが、せっかくリアルな場で話すのであれば、そこでしかできない話を心がけようと思っています。

もし機会があればぜひ耳を傾けて頂けますと幸いです。