目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

フリーランスの仕事獲得方法〜とある広告漫画家の場合

170712

広告代理店で営業をやっていた頃、私の主な業務のひとつは『テレアポによる新規営業』でした。
それが本当に嫌で嫌で。
営業じゃなかったら人生何周したってこんなに人に断られることないわ!と何度思ったか。
毎日会社へ行くのが憂鬱でした。
(テレアポ以外の提案や打ち合わせ、原稿作りは嫌いじゃなかったのですが…。)

「大抵の企業にとっては不要な売り込みかも知れないけど、でもそんな中でアポが取れたお客さんってのは広告を必要としてたわけだろ?
そうやって待ってる企業のためにかけてると思いなよ」

先輩のそんなアドバイスも、気休めにしかならなかった。
だって、私がもし企業の広告担当だったらですよ?
たまたま電話をかけてきた代理店に頼もうとは思わないし、そもそも広告を打つつもりも無いならその電話は営業妨害であるとすら感じるでしょう。

そんな風に嫌々テレアポをしている営業のアポイント獲得率が地を這うような結果であったことは、まあお察しの通りです。

そしてそんな代理店時代を経て、私は今個人事業主として、仕事を自分で獲得する身です。
当然テレアポは行なっていません。
ザマーミロ!!!(誰が?)

完全独立する前の2足のわらじ時代は異業種交流会に足を運んだり、メール営業を1、2度やった覚えはありますが、現在はやっていないし、そもそも営業をやっていない。

(すいません、前置きが死ぬほど長くなりました)
その代わりにやっていることと言えば、
・ブログの更新
・SNSの活用
・販促ツール(小冊子)の作成・配布
など。

これらに共通しているのは、「情報発信」であること。
売り込みに行くのではなく、見つけてもらうスタイルですね。
手間暇を考えれば決して「テレアポより楽」と一言で言えるものではありませんが、精神的負担がない分こちらの方が100倍いいです。

また先月出展した『クリエイターEXPO』ですが、会期中にある程度具体的にお話しさせていただいた案件だけではなく、その時に話してはないけど小冊子を手に取ってくださった企業から後日問い合わせも頂いております。

そしてそんなクリエポ特需 (笑)に加え、1ヶ月前にリニューアルオープンをした甲斐があったのか、このサイトからの問い合わせが最近立て続けに来ています。
いずれも企業さんからで、ビジネス向けのリニューアルが功を奏したのだと信じてます。

(もちろん個人の方からのお仕事も大歓迎ですが、個人の方は一旦SNSなどで繋がって直接ご依頼いただくパターンが多く、検索で来る方はいないので)

というわけで、ありがたいことに仕事が勝手にやって来る状況は構築されつつあります。
ここからは仕事の数ではなく、いかに自分がやりたいタイプの仕事を呼び込むかという方向にシフトして行きたいですね。

ただ目の前の仕事をこなすだけでなく、先を見据えて仕事をデザインしていこうと思います。