目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

商談系イベント後にできるだけ早く相手にお礼メールをした方がいい本当の理由

170629

商談系イベントに出展した後のお礼や提案のメールは早く送った方がいい。
なぜなら?

『遅くなるほど忘れ去られる可能性が高い。』
『連絡を迅速に行うと「安心して仕事ができそう」と思ってもらえる。』

そうでしょうそうでしょう。
全くもってその通り。

でもそれよりも重要なことがあります。
それは…
あとになればなるほど「自分が」出しづらくなるから…!!

まず
「あんまり脈なさそうだけど、とりあえず送っとこう」
くらいのは、どんどんめんどくさくなっていきます。

そして
「いい感触だったから、ちゃんとした提案をしたり刺さりそうな過去実績を探して送ろう」
みたいのは、ちゃんとやらなきゃと意気込むあまりどんどん後回しになります。

はっきり言いましょう。

あとに回すことで返信に対する自分のモチベーションが上がることなんてないぞい!!

(ピシャーン!ゴロゴロー)←効果音

だから仕事の合間にやろうなどと思わず、早いうちに時間を取って集中してやった方がいいと思うのです。
提案まですぐできそうにないなら、まずはお立ち寄りいただいたことの感謝の一言でもよいので。

せっかく出展料を払って参加しているのです。
「フォローの連絡までが商談会です」の精神で、頑張りましょう!