目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

我が家にカラープリンタが無い理由

190417

我が家つって、一般ご家庭じゃないですからね。
職業クリエイター、しかも絵描きですからね。
これを言うとドン引きされるんじゃないかと思って黙ってましたが、5年以上カラープリンター無しで全く困ってないのでその辺の事情を書いてようと思います。

まず先に断っておかなくてはいけませんが、プリンタはあります。
CanonのLBP3000という、モノクロレーザープリンタが。

こいつのメリットはとにかく印刷が早い、にじみがない、モノクロ二値がキレイ、モノクロなのでトナーがひとつで済む、トナーの交換回数が少ない…などなど色々ありますが、当然カラー印刷はできません。

カラープリンタが無くても困らない理由は3つあります。

1、Macディスプレイの色の再現性が高い

基本的にこれがカラープリンタなし生活の大前提なんですが、Macって画面で見てる色がほぼそのまま印刷に出るんですよ。
印刷所からものが上がってきて、色の違いでがっかりすることがほとんどない。
画面の方が正確なので、カラーで試し刷りする意味がないんです。

私の絵は塗り方も配色もいかにもなPC彩色ですが、一応最終的にCMYKで出力されることは意識して描いているので、その辺の感覚があれば問題ないかなと。
もちろんもっと繊細な絵を描かれる方は別ですが。

2、資料は事前にメールで送る

自分が良くてもお客さんに見せるときはどうすんだって話ですが、仕事はメールやメッセージアプリでのやり取りが中心なのでデータで問題ないんですよね。

大掛かりな案件だと途中に何度か直接伺って打ち合わせをすることもありますが、その場合も前もってデータを送っておけば先方側でプリントしてくれるので問題無いです。
私は手元のiPadで資料を見る感じ。
もちろんそれは私がカラープリントして持っていけないからそうしているという話ではなく…もないですが、何より先に見てもらった方がすぐに打ち合わせで本題に入れるからですね。

これは私の場合初めてのお客さんのときも同じで、お問い合わせいただいた時点でどういうテイストがお好みかとか、どういう実績があると良いかを伺って、サイトに掲載している実績のURLをピックアップしてお送りします。
サイトに無ければ、そのお客さんのための実績をまとめたちょっとしたポートフォリオPDFを作って送ったりも。

3、どうしても必要な時はコンビニで

それでもまあ、たまにどうしても必要なときは出てきます。
と言ってもマジで年に数回ですが。
そのときはデータをUSBメモリに放り込んで、セブンイレブンのマルチコピー機(コンビニの中ではひいきしてる)で印刷します。

もちろんプリント代がかかりますが、「それなら自宅にカラープリンタがあった方がいい」というような値段には全く及ばないし、コンビニのコピー機の方が業務用なのでキレイです。

ちなみにセブンですとネットプリントというサービスがあり、事前にウェブ上でデータを送っておけば手ぶらで行ってそれを読み込んでプリントすることも可能です。
便利ですが料金が上乗せされちゃうので、私はメディアを持っていきますが。

というわけで、コンパクトで高速、ランニングコストもいいレーザープリンタ1台でストレスフルな生活を送っております。
私も昔はインクジェットプリンタを持っていたのですが、切り替えたきっかけは「年賀状をやめたこと」でした。
逆に年賀状くらいしか使ってなかったんですよね。
あとはスマホの普及でデータを気軽に外に持ち出せるようになった今、他にもプリント自体需要が無くなったのも大きいかと思います。

それでも私は文字の校正など紙ベースで確認する必要がある仕事も結構あるのでプリンタ自体は手放せませんが、年賀状や写真印刷などスマホがあれば気軽にネットや店頭でできるようになった今、もしかして一般ご家庭の方がプリンタの無い生活はしやすかったりするんじゃないでしょうか?

ちなみに私が使っているLBP3000はすでに生産終了していますが、基本この子たちはさして進化もせず長く使い続けられるので、今のがダメになっても後継機を買おうと思ってます。
その頃にどのくらいPC周りの事情が変わっているかにもよりますけどね。

キヤノン A4モノクロレーザープリンター Satera LBP6030 8468B005