目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

売り上げアップの方法を考える方法

191106

売り上げ、増やしたいですよね。(唐突)

でも漠然と増やしたいなー、増やさなきゃなーと思っても、どうしていいかわからない。
そういう方は、まず売り上げの仕組みを分解してから考えると作戦を立てやすいかもしれません。
その仕組みと売り上げアップ方法の一例をご紹介してみたいと思います。

お店でもクリエイターでも、単価設定のある物やサービスを売っている場合。
たいてい売り上げってのは
 1、価格(高く売る)
 2、集客(たくさん売る)
 3、リピート(何回も売る)

の掛け算でできています。

なので売り上げを上げたければ、単価を上げるか、新規顧客を開拓して増やすか、今いるお客さんの利用回数を増やせばいいのです。
…って聞くとほら、なんかやれそうな気がしません?
とりあえずそれぞれ解説してみますね。

1、価格(高く売る)

ぶっちゃけこれが1番簡単です。
数字を変えるだけなので、実行自体は1秒でできます。

と同時に、ある意味1番難しい方法でもありますね。
なぜならその価格に内容・クオリティが伴っていないとお客さんが買ってくれないからです。
でも内容の見直しや自分のレベルアップによって商品そのものの価値が上がったのなら、その分値段を上げるのは全く不自然なことではありません。

値上げのタイミングの見極め方法のひとつとして「こんな値段でいいの?」「ちょっと安すぎるんじゃない?」と複数のお客さんから言われたら、まず値上げしても大丈夫なんじゃないかなあと思います。
(反対に「高いから値下げしてよ」というお客さんはスルーだぞ★)

値上げをするときによくあるお悩みに、「今いる」お客さんが離れてしまうかもしれない、というものがありますね。
ここはちょっと見方を変えて「価格と共にお客さんも変わる」と考えた方がいいかもしれません。
高くなれば、離れるお客さんは必ずいます。
でも高くしたことによって、その金額に見合った新たなお客さんもまた現れるのです。

もちろん今いるお客さんを大事にしたいという想いが強いなら、お値段据え置きで他の方法に取り組めばいいし、そこは自分が何を大切にしたいかを考えるべきところですね。

2、集客(たくさん売る)

お客さんが増えれば売り上げが上がる。
至極当然のことですね。
その最も古典的かつ有名な方法が、私の得意分野である「広告」だったりするわけです。

このブログを読んでくれている方は中小企業や個人事業の方が多いと思うので、方法としてはマスメディアや媒体への広告出稿ではなく、やはりネットを中心に活用していくのが現実的かと思います。
ネット、特にSNSは自分でできる広告と言っても過言ではありません。
しかも無料です。
やらないと損です。
なんでやってないんやきみ。

と言っても、とりあえずやってればすぐ商品が売れるってことはまずありません。
SNSで大事なことは…と言ってもいっぱいあるんでしょうけど、私なりに無理やり3つにまとめると

1、自分のお客さんとなる層がいるSNSを選ぶべし
2、工夫しながら継続するべし
3、宣伝ばっかすんなし

ですかね。
これの解説を始めると長くなるのでやめときますが、ぶっちゃけSNSのノウハウは、たぶん売れてる人の観察をしてマネするのが1番手っ取り早いです。

またBtoBの場合は、そもそもSNSだけじゃ効果が薄いです。
BtoBはお金をかけてでもちゃんとしたサイトを作ることが最優先です。
私に関しては、企業クライアントをターゲットにサイトのリニューアルを行ったのが駆け出し→軌道に乗った最大の理由です。
その上でSNS連携することで最大効果倍率ドン、さらに倍。

そして広告よりも効果が大きいのが口コミです。
広告は広く、口コミは深くお客さん候補の皆さんに届きます。
なので商品が売れた際、可能であれば感想、いわゆる「お客様の声」をいただいて集客に活用することはとても大事だと思います。
ただそれもこっち(売り手)がわざわざ活用するより自然に流れると本当は1番いいんですけどね。
そのためにはどうするかを考えるとそれはもはや「自然に流れる」ではないという矛盾があるので、私たちにできることは良いと思ってもらえる商品を届ける努力をすることだけだと思います。

あとこれだけネットネットな世の中だからこそ、あえての「紙」ってのもありです。
特に直接会った人に自分がこういうことをやってますよ、と渡せるものがあるのは強いです。
それが宣伝チラシだとちょっと営業色が強いので、自己紹介だったり、自分の仕事のノウハウをまとめたお役立ち情報みたいなものをメインにして、最後にちょっと連絡先を書いておくくらいがちょうどいいですね。
そこで興味を持ったらSNSなりサイトなりを見てくれるでしょうから。

なお私の場合はこういうのを配ってます。
漫画活用法の秘密を詰め込んだお役立ち小冊子無料配布中!

3、リピート(何回も売る)

1度買ってくれた相手に、もう1度買ってもらう。
つまりリピーターになってもらう。
商品を良いと思ってくれたなら次もどうでしょう、というきっかけ作りをするのも売り上げアップの方法だと思います。
営業の最初のステップである「知ってもらう」を省略できる点も楽ですしね。

世によくある方法としては、例えばポイントカードとか。
そういう「よくある方法」ってのはある程度有効なので普及している面があるので、それが自分の事業にも取り入れられないかなって考えるのもおもしろいかと思います。
例えば私のようなクリエイターの場合でも、イラストまとめて10点頼んでくれたらもう1点無料で描きますよとか。
年内に2回目の依頼をくれたら10%割り引きますとか。

あとそもそもそういうプラスアルファの特典以前に、リピートしてもらうには「存在を思い出してもらう」ことが重要です。
SNSの発信はそのためにも有効ですよね。
企業相手ならメルマガとか(これも宣伝ばかりは×)。
リピートしやすい商品を作っておいてそれで繋いでおき、いざというときの本命に備えるというのも一つの手ですね。

というわけでマーケティング的な小難しい話は一切なしで、思いつくままできるだけ具体的に書いてみましたがいかがでしょうか。
もちろん一例なので、最初に書いた「売り上げは価格、集客、リピートの掛け合わせだよ」ってことを理解すれば、あとは自分なりにその方法を考えていけば良いと思います。

目的は同じ売り上げアップでも、それぞれに必要とすることが違ってて、価格には「決意」、集客には「努力」、リピートには「仕組み」なのかなあと書きながら思ったので、自分の得意なところから取り組むのもアリかもしれませんね。