目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

甘くてまろやかな逸品『ゲランドの塩』

150826

美味しいお店とか、話題のスポットとか、自分の足と五感でまとめたオススメ情報を教えてくれるブログ、いいなあ。
わたしもお役に立ちたいなあ…。

しかし妖怪自宅ばばあは、日々をほぼ家にこもって過ごす身…オススメしたけりゃ家の中から探し出すしかない…!!

そんなわけで(?)自宅を愛する在宅フリーランス推薦の品を紹介するコーナー、はーじまーるよー。

本日のオススメ品はこちら。

『ゲランドの塩』

実は私、カルディコーヒーファームで働いていたことがありまして。
いまや全国に300店以上あるのでご存知の方も多いと思いますが、カルディは直輸入のコーヒー豆と、海外の食品やお酒を扱う輸入食品販売店です。

昔も今も料理はそれ程得意ではないのですが(毎日自炊はしてます)、このお店で働いたおかげで随分と食材の知識が増えました。
コーヒー豆を含め、今でも定期的に買出しに行きます。

カルディにはいくつもお気に入りの品があり、このゲランドの塩もそのひとつ。
フランスで作られているとか、伝統的な塩田製法だとか、そのへんのうんちくは省略しまして、まあとにかく美味しいわけですよ。

塩気がマイルドで、そのまま舐めても大丈夫。
深い味わいで、甘みさえ感じられます。

もちろん料理に使ってもいいのですが、おにぎりや焼き魚など塩の味をそのまま味わうものには必ずコレを使います。
焼き野菜にこれだけをふりかけて食べるのもオススメ。
季節の野菜がさらにおいしく味わえます。

500gで600円と、スーパーで売っている一般的な塩に比べればちょっとお高めですが、それほどすぐ無くなるものでもないですし調味料くらい贅沢してもいいですよね。

写真で紹介しているのは「細粒」ですが、「大粒」もあるので購入時は注意。
大粒はミルが無いと日常使いは厳しいです。

写真は私が撮ったカルディ取り扱いの『ゲランドの塩』ですが、ゲランドの塩という名の商品はいくつかあるようです。
いずれも認定品のはずですので、どれを買っても大丈夫。
精製していないので、うっすら緑がかった色が特徴ですのでご確認下さい。

というわけでオチも何もないですが、ぜひお試しあれ!