目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

持たない為に持つ〜洋服ブラシのすすめ

151121

シンプルライフを好む者らしく、洋服をあまり持っていません。
下着は別として、あとはアウターなども含め全シーズンで50着以下。
一生ものの高級品はないけど、値段に関わらず気に入ったもの、体に合うものを買って大事に着ております。

服の数を増やさず、手持ちの服をやりくりして生活するには、一着一着をきちんとメンテする必要があります。
その為に愛用しているのが『洋服ブラシ』。
余計な物は極力持ちたくないのですが、これはまさに持たない為に持っているアイテムです。

特に毛玉のできやすいニットや、ウール・カシミアなどの毛製品が活躍するこれからの季節は大活躍。

毛玉ができる仕組みってご存知ですか?
服同士やバッグとこすれると、服の表面は毛羽立ってきますよね。
その毛羽立ちをそのままにして着用を続けると、毛羽立ち同士が絡み合って毛玉になるのです。

ちなみに作りの善し悪しによって毛羽立ちやすいものそうでないものがありますが、程度の違いであって毛羽立ちそのものは起こります。
(でも高い品は物がいいだけでなく大切に扱うので、より毛羽立ちにくいと感じるかもしれませんね)

洋服ブラシは、毛羽立ちが本格的な毛玉になる前に、その絡みを解消し表面を元のように整える為の道具です。
なので実は毛玉になってからではあまり役に立ちません。

似たような毛玉解消道具に『毛玉取り器』がありますが、最終兵器と考えておいた方がいいでしょう。
毛羽立ち毛玉は当然洋服から発生した繊維ですから、取ってしまうと洋服が減ります(笑)
生地が薄くなって耐久性も落ちますし、うっかり穴を開けて服そのものをダメにしてしまうかもしれません。

ちょっと面倒ですが、着終わった服にはブラシをかける。
これが長持ちの秘訣です。

私が愛用しているのは英国王室御用達とかいう仰々しいブラシですが(笑)、そこまででなくとも万能な物を一本持っておくといいですよ。
ブラシによってはウール製品はいいけどカシミアには使えない、とかありますから。

毛玉だらけの洋服は処分して、新しくお気に入りの一着と共に洋服ブラシをお迎えしてみてはいかがでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GIFTBOX入りケント洋服ブラシ 送料無料
価格:7560円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)