目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

コーヒー好き在宅フリーランスの戦友『全自動コーヒーメーカーNC-A56』

151003 a

今日のはもう、コーヒーを仕事の友として愛する日本全国の妖怪自宅ばばあもとい在宅フリーランスの皆さんにお知らせしたい!
本当にオススメの品です。

Panasonicの全自動沸騰浄水コーヒーメーカー『NC−A56』

全自動で挽き立ての豆からドリップ!

メーカーさんの売りとしては、浄水機能がついているとか、豆の挽き分け・味の淹れ分けができるとか、色々あると思うんですが、とにかく1番のポイントは

「豆を挽くところからドリップ、洗浄まで全てが全自動」

というところです。

元コーヒー豆販売店スタッフとして言わせてもらうなら、コーヒーはとりあえず新鮮な豆を、挽きたてで淹れときゃ美味しいんですよ。
でもたまに飲む分には手挽きのミルで挽いてハンドドリップで淹れるのも風情があっていいんですけど、毎日、しかも日に何度も飲むとなるとちょっと面倒ですよね。

じゃあコーヒーメーカーを買おうってなったときに、粉をセットするタイプなら各メーカーから比較的安価で出ているのですぐに見つかります。
しかし私はどうしても豆から挽いて飲みたかったのです。

探すと「電動ミル付き」の商品もありました。
でもミルは外付けというか、結局ミルで挽いた粉は、自分でミルからドリッパーに移す必要があるんですよ。
ミルのついてないコーヒーメーカーに、別売りの電動ミルを使って挽いた粉をセットするのとたいして変わらないわけです。

その点このNC-A56(私が購入したのは1つ前のNC-A55ですが、基本同じです)は、ミルと完全に一体型なんです。
上から順番にミル、サーバー、ドリッパーとなっていて、ミルで挽いた豆はそのまますぐ下のサーバーに落ちるんですね。
しかも水のタンクが裏にあるのですが、沸騰させたお湯をサーバーに直接ではなく、挽き終わったミルを通して落とすんですね。
ドリップの過程で、ミルを洗浄してくれるんです!
使い終わった後のミルには粉は一切残りません。

え?じゃあもうこれしかないじゃないの…!!

即決でした。
普通のコーヒーメーカーよりお高いですが、買って良かった…というか、もはやこいつ無しの生活は考えられません。

セットも簡単!

151003 b

全自動とは言っても、必要なセッティングはもちろんあります。
とは言え普通のコーヒーメーカーとやることは変わりません。
水と豆(もちろん粉をセットして淹れることもできます)とフィルターをセットして、スタートボタンを押すだけです。

手入れも簡単!

151003 c

ミル部分が自動洗浄なので、洗い物も普通のコーヒーメーカーと一緒。
基本この機械を通るのは水(お湯)とコーヒーだけですから、ずぼらな私はドリッパーもサーバーも使い回して、1日の最後にまとめて洗っております…。

割とヤバ目のデメリット(笑)

神アイテムとして使い倒しているこのコーヒーメーカーですが、1つだけデメリット…というか、注意点があります。
構造上仕方が無いのですが、

ミルで豆を挽く時の音がとにかくでかい。

まずミルの音自体が電動バリカンレベルの音がする上、そこに固いコーヒー豆をぶち込んで粉砕するわけですからね…。
お隣さんとの壁が薄めのおうちでは、深夜早朝使用を躊躇することは間違い無しです。
豆を挽いているほんの十数秒の間ではあるんですけどね。

というわけで、その点はさほど気にしなくてよい環境であれば…という条件がついてしまいますが、とにかくオススメの一品です。

Panasonic商品情報サイト
『沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56 | コーヒーメーカー | Panasonic』
http://panasonic.jp/coffee/products/NC-A56.html

楽天で見る/amazonで見る(アフィリエイトリンクです)