目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

低糖質ダイエットを(始める前から)諦めます宣言

150920

今流行ってますよね「低糖質ダイエット」。
糖質を制限することで血糖値をコントロールする方法で、具体的に言えばごはんやパン、ラーメンやうどんの主食系炭水化物を減らします。
その代わりそれ以外のお肉やお魚などは好きに食べて良いので、空腹感を感じることもなく、簡単に生活に取り入れられると人気なようです。

しかし、私は、絶対にやらない。
と言うか、できない。

何故なら『おかずは米を食う為にある』と思っているタイプの人間だから!!

低糖質ダイエットをディスる話じゃないですよ?
効果がない、という話でもない。
どんなに効果があっても、続けられなければ意味が無い、というお話です。

世の中には星の数ほどダイエット法が存在します。
検索して「効果があった!」という人の感想を探し求めたり、効果的なやり方を比較したり、どれだけ情報収集に時間をかけても、1番効果のあるダイエットなんてわかりません。
結果は人それぞれだし、結局やってみないと効果はわからないのです。
だったら興味がある方法は、とりあえずやってみればいいと思います。

ただしどんな方法も、基本的には続けてみないと効果は出ません。

有酸素運動、筋トレ、食事制限…どれも正しく続ければ痩せると思いますよ。
だから大事なのは方法の内容よりも「自分が続けられるかどうか」なんです。
だったら「自分では続けられない方法」はまず除外した方がいいですよね。

そう考えたときに、私の場合先程の低糖質ダイエットは「なし」です。
理由は2つ。

・米を食べたいが為に食事を摂っている感がある
・減らした主食分他の物で補って良いということは、その分料理の負担が増えるので嫌

ひとつ目に関しては…例えば自宅の夕飯だとおかずで1膳食べ、その後たまごかけご飯や納豆、食べるラー油やお漬け物(『ご飯のお友だち』と呼んでいます)でもう1膳やるのが基本スタイルということで、糖質どうこう以前に食い過ぎだろ!っていうくらいの米好き。
まあこれは糖質どうこうの「質」の話以前に「量」的に減らした方がいいとは思ってます。

そして2つ目ですが、お恥ずかしい話あまり料理が好きではなくて…(毎日自炊はしていますが)いくら米以外食べていいと言われても、それを用意するのは誰かって話ですよ。
米の不足分を品数で補うのは手間がかかるし…そもそもご飯を美味しく食べる為におかずを作っているので、ご飯がないとかもう何を作っていいかわからない。

米を制限するくらいなら運動の方がマシですが、運動もやらずにすむならやりたくない…。
運動に時間を取られるのも嫌だし、疲れて仕事などに影響が出ても困る…。
そんな私が「続けられる方法」として採用したのは、起床後のラジオ体操、スクワット、ランニングです。しかも全部合わせて30分。
ラジオ体操は肩こり解消とランニングの準備運動を兼ねていて、スクワットは基礎代謝を上げる為。その2つをこなしたらそのまま走りにいきますが、休みの日以外は20分くらいの軽いものです。

うまくやっている人からすれば「もっとこうした方がいいよ!」というアドバイスもあるかもしれませんが、自分の性格や生活スタイルを考えて取り入れてみた結果驚くほどストレス無く続いています。
まだ1ヶ月ほどで体重・体脂肪に数字では現れていませんが、なんとなく引き締まってきたような気がします。

低糖質ダイエットさん…流行りに乗れなくてごめんよ。
お米さん…これからもよろしくね。