目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

戦え!何と?エイジングと!!美に目覚めた妖怪自宅ばばあ

160705

元々妖怪自宅ばばあは『色の白いは七難隠す』を地で行く女だった。

出身地は日本一年間降水日数、つまり雨の日が多い県、石川。
大抵曇りか雨か雪か雷という日本の超魔界村((C)カプコン)で生まれ育ったため、特に何もしなくても生まれつきの白さをキープできただけと言えばそれまでだが、とりあえず上京後は「肌白くてキレイだね!」とチヤホヤされたものだ。

しかし晴れの多い関東に移り住んでもう10年以上。
あの頃の白さは徐々に失われ、「ヒヤケドメ何それおいしいの?」だった20代前半までの生活がたたり、30歳を超えてから一気に肌にダメージが来た。

しかし自宅ばばあは自宅にこもって漫画を描く妖怪なので、人前に出るわけじゃなし、ましてネットに顔を晒してるわけでもなし、年を重ねれば衰えるのは当然とあまり気にしていなかった。
(あとばばあは実年齢より老けて見られるのは嫌だが、逆に若く見られるのも何故か嫌うわがままな妖怪である。)

ところが、である。
ばばあが色々活動を頑張ると、本人が望む望まないに関わらず顔出しをする機会が増えるということに気がついた。
本人が何もしなくとも、すでに他の人の手による写真がSNSには溢れている。

そしてそれらの写真を否が応でも見せつけられることで、ばばあは現実と向き合うことになる。
すなわち。

あれ?なんかシミやばくない?(爆)

もちろん気がついてなかったわけがないのだが、周りも皆大人だから誰も指摘はしないし、自分で鏡を見ても大して気にしてなかった。
しかし写真という外部フィルターを通して見て、一度意識してしまうと、もう気になってしょうがない。

というわけで自宅ばばあ、シミに消えてもらうことにしました。
いやまあ、そんな簡単に消えるなら世の女性は苦労してないんでしょうが、とりあえずやってみようということで。
完全に消すのは無理でも、薄くなれば万々歳じゃないですか。
皆さんにオススメもできますし。

とは言えいきなりレーザー治療とか恐いので、地道に内服と外用でやってみようと思います。

内服はこれ。
有効成分L – システインに期待。

外用はこれ。

画像の商品は4%配合!ってヤツですが、肌があまり強くないので実際に使うのはハイドロキノン1%配合のもの。
(いずれも画像は楽天から借りてるので例のごとくぶた子に小銭が入るやつ)

恥さらしついでに写真も貼っておきましょう。
特に右ほほ中央のあたりに注目…。

160705 1

(10年前。うっすらあるような…無いような…)

160705 2

(5年前。明らかにシミの影…)

160705 3

(つい先日。はいアウトー。)

とりあえず3ヶ月続けてみるつもりですので、またご報告したいと思います。
ばばあ、頑張るよ…!!