目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

忙しいときは手抜きでもいい

170802
(まず自宅で作った料理の写真が皆無なんですが…茹でただけの豚、切っただけのカツオ、焼いただけの厚揚げに、同じニラだれを乗せただけの手抜き飯…)

仕事が立て込んでくると、どうしても家のことがおろそかになりがち。
特に私は自宅兼事務所という形で仕事をしているので、放置していることは嫌でも目に入ってきます。

それらを気にしながら仕事をするのは精神衛生上よろしくないので、そういうときは「最低限でいい」もしくは「やらない」と決めてしまうのがコツ。

例えば、我が家は掃除は5日に1回程度家中隅々やるのですが、忙しい時はこのペースが格段に落ちます。
大人の二人暮らしですから、食べカスや泥があちこちに…なんてことはさすがにありませんが、人はホコリでは死なないと言わんばかりに部屋の端やベッドの下にホコリがふわふわしているくらいはよくあります。

ただし物が少なく基本的に片付いているので、それほどストレスはないです。
仕事が片付いていざ掃除、というときにもすぐに取りかかれます。

また料理に関しては「自炊、ただしどれだけ手抜きでもよし」というルール。
栄養の偏りは気になるので食材はありますが、メニューを考える時間も惜しい時は「全部炒める」「全部煮る」的な一品にご飯があればいいという有様。

もちろんそれが当たり前の日常になってしまうのは考えものですが、仕事に波があるフリーランスにはどうしても「仕事を終えるまで何もできない」という状況が訪れるもの。

そこで「家のことが何もできてない、私はなんてダメなんだ…」と自分を責めず、「今は仕事頑張ってるんだから、多少は仕方がない」と割り切ってしまうと楽になれますよ。