目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

不確定要素を楽しむ

170301

湘南から稲取まで、伊豆半島をドライブに連れていってもらいました。

旅のお供は『観光地図』。

「この銅像みたいなイラストなんだろう」
「あれよあれ、貫一お宮」
「誰?歴史上の人物??」
「めっちゃDVじゃん!」

「今宇佐美?あ、ここだ、みかん狩りだって。あと何分?」
「あと40分くらいだろ」
「さっきも40分って言ってなかった?」

なんて車内でワイワイしながら。

もちろん手元にはスマホがありますから、貫一お宮が誰なのか、時間はどのくらいかかるのか、調べればすぐにわかります。
でもそういうことじゃないんですよね。

買物だってそうです。

例えば欲しい本が決まっているなら、amazonなら1クリックで手に入る。
でも本屋に足を運ぶときは、そうじゃない。
今店頭で売れている本を知ったり、思いもよらない本との出会いがあったり。

ピンポイントで『正解』を探すなら、ネットは本当に便利。
でもいつもいつも、『正解』が必要とは限らない。

ゆったりとした時間に、アナログで不確定要素を楽しむ。
現代においては、そんなことこそが贅沢な時間の楽しみ方なんじゃないかと思った1日でした。