目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

コミュニケーションに自信がない人が意識すべきたった1つのこと

それは、「相手に興味を持つこと」です。
コミュニケーション下手だと自分で思っている人は、まずはこれだけ。
これで会話は随分しやすくなると思います。

そういう人ってどちらかと言えばうまく話せないことを気にしていると思うんですが、それだけで相手に不快な思いをさせることって実はあんまりないんですよね。
コミュ障と揶揄される人のほとんどは、うまく話せない人ではなく、「人の話を聞かず自分の言いたいことばかり言う人」なのです。
(そしてその手の人は自分のことを「話が上手い」「コミュニケーション能力がある」と思っているので、そちらの方がよっぽど厄介。)

だからどう話すかではなく、まずは聞くこと。
よく聞いて、それに対して言葉を返せば会話は成り立つのです。

じゃあ、どんな言葉を返せばいいか。
うまいこと言おうなんて考えなくていいです。
ただ、興味を持ちましょう。

相手や相手のやっていることに興味を持って話を聞き、そこから生まれた疑問や感情を伝える。
それに対する返事が相手から返ってきて会話が回る。
それがコミュニケーションの第一歩です。

でも、下手なことや失礼なことを言ってしまわないか不安に感じる方。
そういう気持ちがある方は慎重なので実際のところほとんど問題ないと思いますが、興味の持ち方に一工夫すると良いと思います。

私も初対面の方や初めての企業との打ち合わせなどでよくやるのですが、「自分は目の前の相手のことが好き」だと仮定するのです。
好きな相手と話すときは、相手のステキなところをもっと知りたい、という気持ちと同時に、好きな相手に嫌われたくないという感情が発生しますよね。
それを利用すれば失礼なことを言ったり、会話を長続きさせる目的で質問責めにするといった事態も避けられます。

まずはうまく話すことより、うまく聞くこと。
自分を印象付けたり、相手に会話自体を楽しんでもらう努力は、会話への抵抗感が無くなってからでいいと思いますよ。