目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

人生で最も幸せな瞬間に携われる仕事はきっと幸せ

150811 1

最も幸せな瞬間、と言っても人それぞれ色々あるでしょうが、結婚式というのはまず間違いなくそういう瞬間のひとつなわけですね。

先週末、地元の友人の式に出席する為帰郷をしておりました。

実は式の数週間前にその友人と一悶着(?)あってギクシャクしていたのですが、式があまりにステキで彼女が幸せそうだったのですっかりわだかまりも消え、心から祝福することができました。

理想の式を自分たちの手で作り、ゲストの皆さんに喜んでもらう為、新郎新婦は何ヶ月も打ち合わせや準備に追われます。
けれどそんな苦労も吹き飛ぶくらい、本当に素晴らしく幸せな1日。
それが結婚式。

そこに漫画や似顔絵という、思い出としても記念の品としても残る演出で華を添えることができたなら。
それはとても幸せな仕事だと思うのです。

その友人にも、ウェディングボードと席次表に載せる漫画を依頼され制作を行いました。
新郎新婦にも参列した皆さんにも大変喜んで頂けました。
残念ながら友人の希望で作品は公開できないのですが、ぜひ今後も手がけていきたいと決意を新たにしたわけです。

式に呼ばれる方は、たいていは「新郎」「新婦」のどちらかに縁があって呼ばれるわけですよね。
だから新郎側なら新婦のこと、新婦側なら新郎のことをよく知らない。
そこにお互いのパーソナリティを笑いとして盛り込んだ漫画がちょっとあると、一気に親しみが湧くんです。

もうひとつ、現場で気づいたことが。
式が始まるまでの時間や、式後披露宴会場に移ってしばらくの間など、ちょっとした空き時間ってありますよね。
そういうときに読んでもらえるので、手持ち無沙汰になることがなくいいなあと。

今回の友人に依頼された漫画は席次表の一部として使われたので、最初の受付と同時に皆さまの手に渡り、披露宴が始まる頃にはほぼ全ての方に目を通して頂けている印象でした。

これまでウェディング関係でいくつか制作させて頂いたのですが、今後活動のひとつの柱として本格的にメニューに加えるにあたり、制作費無料でのモニター様を募集させて頂きたく思います。

近日改めて詳細を掲載予定。