目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

盆栽漫画家

151126

『広告漫画家』という肩書きでやらせて頂いておりますが、来年はこうも呼ばれたいと思っています。
すなわち、百万は『盆栽漫画家』である、と。

盆栽がね、好きなんです。
好き過ぎて盆栽で有名な大宮を有するさいたま市に引っ越したくらいですからね!
まだ引越後の半年で3回しか足を運べていませんが、『大宮盆栽美術館』には本当は毎月通いたいくらいですよ。

盆栽の魅力は今後ぜひ紹介していきたいと思っているのですが、とりあえず決めていることがひとつ。
来年になりますが、このブログで盆栽漫画の連載を始めようと思っています。

「盆栽は高い」「文化」「美術品」というイメージがあると思いますし、実際それは盆栽の重要な一面です。
鑑賞する分には、そういった本格的な盆栽も私は大好きです。

でもそれだけじゃないんですよ。
正直私の盆栽の腕は素人レベルです。
けれど、だからこそと言うか、あまり堅苦しくない感じで楽しくやっています。
なんたって自分の盆栽を貧乏とかけて『びんぼんさい』と呼んでいるくらいですからね。
木も鉢も¥1,000前後のものを中心に手に入れて育てています。

なので漫画もあまり格式高くない、ゆる〜い感じになる可能性が高いです。
と言うか、上のステテコじじいを筆頭にしたじじいだらけの漫画になる予定です(笑)

来年のいつ頃になるかはまだ未定ですし、やったところで一切お金にならない趣味の世界ですが、頭の中では着々と進行中。
忘れた頃にやってくる、盆栽漫画家(現状自称)の新連載をお楽しみに!