目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

息をするように絵が描けるのに仕事じゃないと描かないとか損だったわ

170505

技術的に上手い方ではありませんがこれでも漫画家の端くれなので、描けない人よりは絵をさらさらっと描けちゃうわけですよ。
仕事の合間に、好き勝手に絵をラクガキすることもあります。
ハマったゲームや漫画への愛は絵で表すので、あまり公開していませんがオタクなラクガキもちょいちょい描いてますし。

でもお仕事としてお金をもらって絵を描いてる身としては、そう簡単にあちこちで適当に描き散らしたり、人にあげたりするわけにはいかないなという気持ちがありまして。
この仕事を始めてからはあまり描かないようにしてきました。

実際のところは、ブログで色々偉そうにフリーランス論を語っているせいか、私に気軽に「ちょっと絵描いてみてよ!」と言ってくる人はほとんどいないんですよ。
私の仕事を尊重してくれているのはありがたいし、言われたところで私も最初に述べたような理由からやんわりお断りすることがほとんどでしょうし。

でも内心、私絵を描くこと嫌じゃないのに、描けちゃうのに、それってすごいつまんないなってずっと思ってたんです。

でもよく考えたら、私って別に『絵』そのものを売ってるんじゃないんですよね。
お客さんにとって必要な素材と、それを使う権利に値段をつけているようなものなんです。

先日それに気づいて、すごく晴れやかな気分になりました。
あ、別に私絵描いて欲しい人にあげたりしてもいいんだな、と(笑)

というわけで、今後は気が向きしだい描き散らします。
条件は以下のとおり。

1、プロフィール画像やその他販促物、ブログ素材等への二次利用は不可
2、「描いてもらったぜ!」とSNS等へのアップはOK。

機会があれば気軽に声をかけてください。
気軽に断ることもあるかもしれませんが(笑)