目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

実は聞かれて困る「好きな漫画はなんですか?」

181115
(学生の頃の方がいろんな漫画をよく読んだのは、時間があったのもあるけど友達との貸し借り文化のおかげだと思う。最近できたイラストレーター友達が貸してくれた『波よ聞いてくれ』(沙村広明)おもしろいです)

漫画家ですと名乗ったときに、よく聞かれるのがこの質問。
実は私これが苦手なんですよ。

なぜかって、皆さんが思ってるほど漫画を読まないから。
家に漫画はほとんど無いし、「漫画好きです」とはとても言えない。

いやそりゃ好きですよ、漫画は。
語れる作品もあります。
でも趣味は?と聞かれて「漫画を読むことです!」と自称できる人ほどの漫画好きではないというか。
(そういう意味ではゲームの方が好きですし)

あと「漫画家なんだから、最近の面白い漫画とか、隠れた名作とか知ってるだろう」という期待に応えられないのも心苦しい。
「ワンピースです」とか答えても誰も喜ばないっていう笑

ぶっちゃけ漫画を読んでなくても、漫画は描けます。
いやもちろん漫画家になる人は人生のどこかで漫画にハマる時期が必ずあったとは思いますが、描いている今もいろんな漫画を読み漁っている人はそんなにいないはず。
だって、そんな時間あったら自分の漫画描きますから。
逆に連載作家さんなんかは「今連載している他人の作品はあえて読まない」という人もいるみたいですしね。

というわけで私はこの質問に対してもうここ2年くらいは
「『僕のヒーローアカデミア』と『左ききのエレン』です。」
で通していますし、たぶんあと1年は言い続けるのでよろしくお願いします。