目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

オリンピック開催でビッグサイトが20ヶ月間まともに使えなくなるってご存知でした?

151205 1

私は昨日初めて知りました。

ご存じない方の為に簡単に説明しますと、ビッグサイトは東京お台場にあり、正式名称を『東京国際展示場』と言います。
コンベンションセンター、いわゆるいろんなイベントやら展示会やらカンファレンス(超でかい会議)を行う施設としては2015年現在日本最大です。

そのビッグサイトを「東京オリンピック前後の約20ヶ月間、オリンピックのメディア施設として全面的に使用する」という東京都の公式発表が今年10月22日にあったというのです。
つまり、通常用途で使えなくなるってことです。

えっ!?コミケ(大日本オタク祭り)どうなっちゃうの!?

というのが私の第一声だったわけですが、当然影響はそれだけではないわけですね。

20ヶ月使えないと、どうなるのか

詳しくは署名サイトなどをご確認頂ければと思いますが、20ヶ月ものあいだ展示会や行われないということは、開催する側の企業も、自社の商品をPRする為に参加してきた出展企業も、その分丸々利益が失われるということです。

日本展示協会による推定では約5兆円の損失とのこと。
またそれは展示会そのものの損失であり、展示会で販売網を促進できないことによって中小企業の経営難が発生する恐れがあることを考えれば、それだけでは済まないとも示唆しています。

「じゃあ他でやればいいじゃん」って話なんですが、そもそもその規模の会場なんてないんですよ。
近隣で有力な千葉の『幕張メッセ』も、オリンピック3競技で使われることが決まっているそうです。

国立競技場やロゴデザインなど色々と問題もありますが、開催されることが決まった以上は絶対に成功して欲しい。
オリンピックを見て感動して競技人生を始める選手だってたくさんいますし、自国で開催されるオリンピックの高揚感は何とも言えないものがあるでしょう。

けれどいくらオリンピックで経済効果があろうと、中小企業(と日本文化を支えるオタク…!)をないがしろにするなんて馬鹿げた話だと思います。

ビッグサイト、幕張メッセ規模の施設が使えなくなる以上、代替案を考える義務が開催側にはあるのではないでしょうか。

『2020年東京五輪 展示会場 問題』として署名活動開始

このビックサイトに関する公式発表のあと、『一般社団法人 日本展示協会』というところがこれを『2020年東京五輪 展示会場 問題』とし、全展示会が例年通り開催できるよう署名活動を始めました。
 皆様にお願いしたいこと | 2020年東京五輪 展示会場 問題 署名にご協力ください

がちょっとこのサイト署名のハードルが高いです。もっとわかりやすく一般個人向けのサイトが『株式会社 栄光』さんによって作られたのでご紹介しますね。
ここでの署名も上記の日本展示協会さんと合算されます。
(ちなみに栄光は、超大手の同人誌印刷会社です。
つまりビックサイトでイベントが行われないと直接的に大打撃を受ける企業ですね。
いち早く行動し一般人にわかりやすいようサイトを立ち上げ、そのおかげで私はこの問題を知ることができました。)

2020年会場問題|署名特設サイト

151205 2

https://www.eikou.com/signature/

最後に

これは「署名お願いします!」という協力依頼記事ではありません。
ビッグサイトなんて行ったことない、関係ない、という人もいるでしょう。

けれどビッグサイトでの展示会・イベントに出展したり参加したりお世話になってて、私と同じようにこのことを知らなかった人はたくさんいるはずと思い、今回の記事を書きました。
気になった方はぜひ上記リンクのサイトをご一読頂ければと思います。

日展協会の声明文には、代替会場としてその名の通り防災の拠点であるらしい『東京臨海広域防災公園』を提案するなど、私も疑問を感じる点はあります。

ご署名の際は必ず内容をご確認の上、ご自身の意思での署名をお願い致しますね。
(私への報告も意見も無用です〜)