目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

幻のセルフマガジン大賞講評

160602 3

『セルフマガジン大賞』なるものがありましてね…。
つまりそれは、セルフマガジンの提唱者であるかさこ氏が募集を行い、応募されてきた数十点のセルフマガジンの中から独断と偏見で最強のセルフマガジンを選ぶというものです。
賞金もバッチリ出ます。

私はこの第2回セルフマガジン大賞の開催が決まった時から、絶対セルフマガジン作るぞ!あわよくば大賞狙うぞ!!と意気込んでおりました。
そして先日、応募があった全48作品の中から選ばれた大賞の発表が、かさこ塾フェスタで行われたのです。

果たして、そしてその結果は…!?

第2回セルフマガジン大賞発表!全48エントリー冊子の全講評1
http://kasakoblog.exblog.jp/24421543/
第2回セルフマガジン大賞発表!全48エントリー冊子の全講評2
http://kasakoblog.exblog.jp/24421555/

(「好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライターかさこのブログ」より)

おやあ…?
大賞どころか、姿が見当たらないぞお…?

それもそのはず。
なんと私、

エントリーに間に合いませんでした!!てへぺろ!!!

5月20日のエントリーに間に合ってないどころか、セルフマガジンが届いたの塾フェスタ前日の27日ですからね(苦笑)
いやはや、情けないことです。

しかも私のマガジンはありがたいことに(と、一応言っておこう…完全にプレッシャーかけられてただけだけど…)、なぜか物がないうちから『大賞候補』と当のかさこさんに仰って頂いてまして。
他の方にも随分と「セルフマガジン大賞楽しみにしてます!」なんて言われて、もはや穴があったら入りたい。

しかし、このままでは私のセルフマガジン大賞は終われない…!ということで私、かさこさんに無理を言って『講評』を頂いてまいりました。
本来はもらえる立場ではないのですが、快く評してくださったかさこさんに感謝します。

『広告漫画家百万商品カタログ 百漫画〜出張版〜』講評

160602 1

160602 2

広告漫画家 百万友輝
A5/12P

広告×漫画というわかりやすくて
インパクトのあるキャッチコピーと
漫画を配したインパクトのある表紙。

中面に自身が提供できるサービスを
大きく見出しを立てながら、
かつ自身の作品を雑誌風読み物風に
レイアウトして紹介しているのがよい。

料金明瞭、注文後の流れも
非常にわかりやすく、
プロフィールも短いながら
自身の強みがわかる内容になっている。

残念なのはP2-3。
P2がモノクロな感じで
P3が色ベタでかなりカラフルな感じのため
見開きでみると違和感。

P2のメッセージ部分は白地でスミ文字、
写真もなくてシンプルにみせる方が
ずとんと文字が入ってくる。

その場合P3に何をいれるかだが、
たとえばP3に
「広告漫画が優れている3つの理由」
をもってきて
漫画は見開き2ページで作品例を完結できる。

とはいえ全体的には自身の強みや
作品を紹介しながら読み物風で読んでいける
セルフマガジンのお手本的作りになっていると思う。

セルフマガジン大賞に出していたら
大賞になっていたかもしれない作品

(以上、評 かさこ)

非公式ではありますが、最後の一文だけで私は報われましたよ。
もちろんセルフマガジン大賞があろうがなかろうが私はこのセルフマガジンを作ることは元から決めていましたし、これが本当に販促ツールとして役立つのはこれからなのですが、やっぱり嬉しいです。

次に作るのがいつになるかはわかりませんが、もっと実績も重ねて、アドバイスも活かし、より良いマガジンを目指したいですね。

お手元に私のマガジンがないとよく分からないところもあるとは思いますが、気になる方はぜひこちらから取り寄せてみてくださいね!