目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

仕事の…いや、人生のパートナー、iMacを新調しました

160427 1

約10年前に買ったiMacが本当に優秀でこれまで何一つ不自由なく使っていたのですが、最近ようやく(笑)調子が悪くなってきたので仕事が一区切りしたタイミングで新PCを購入しました。

お出迎えしたのは『iMac27インチ』。
Ratina5Kディスプレイ、3.2GHzクアッドコアIntel Core、メモリ8G、HDD1TBで税込約22万5000円の代物です。

この機種を選んだ理由としては、2Dのグラフィック制作用マシンとしては充分過ぎるスペックであることはもちろんですが、私の場合10年使ったそのMacに何の不満もなく可愛がっていたので後継機を買うこと以外は考えていませんでした。
ただしPhotoshopや漫画制作ソフトCLIP STUDIOで作業をしつつ、SNSやメモ帳、ブラウザを画面内に常駐させておきたいという夢(笑)を叶える為、画面はこれまでより大きいものに。

160427 2

前Macが10年ももったのは、恐らく私の使い方がライト過ぎて負担をかけなかった為だと思うので、これからはもっとバリバリ仕事をしてハイスペックさを活かしてあげるつもりです!
そして元を取らなきゃ!!(笑)

さて、ここからは10年ものiMacから最新iMacへの移行にあたり、私が初日に何を行ったかという備忘録です。
Macユーザーでもお好きな方以外興味のないネタかとは思いますが(苦笑)、自分用のメモとしても記録しておこうと思います。

手動で実施

私は仕事上の保険のためにも常にバックアップアプリ『Time Machine』を利用しデータを外付けHDDに保存しています。
ですので移行アシスタントを使えば難なく全てのデータを転送できるのですが、せっかく手に入れたさらのMacに余計なデータは入れたくない。
割ときれいに使っている方だとは思いますが、それでも10年ですからね。
もう使っていないアプリやシステムのゴミの数は相当あるはずです。

必要なアプリを個別にDLし、後で仕事のデータや写真、音楽などをHDDから引っ張り出すことにしました。

とりあえずAdobe製品、クリスタ、SNSがあればすぐに仕事が始められるので、残りは気がついた時にその都度導入していくことにします。

実施内容

上から順番にやった順。

・iMac本体の初期設定、iCloud設定など
・『twitter』インストール
・ID・パスワード管理アプリ『1password』インストール
 →Safariにアドオン追加
・『dropbox』インストール
・ブログ制作アプリ『MarsEdit』インストール
・漫画制作ソフト『CLIP STUDIO PAINT』インストール
・Adobe『Creative Suite 6/Design Standard』インストール
・多機能エディタ『mi』インストール
 →html、css、phpなどいじる用。(何故かSafariにはデフォルトで開発メニューが出ていなかったので表示を追加)
・Facebook常駐型アプリ『MenuTab for Facebook』インストール
・wacomペンタブ、Canonレーザープリンタのドライバインストール

ここまで読んでいるということはご存知の方が多いかもしれませんが、最新のiMacではCDやDVDの読み込みはできません。
読み込み装置自体が付いていないのです。

ですのでアプリの追加は全てネットを介してのダウンロード。
ただしほとんど前のパソコンで使っていたものですから、ログインして設定などを引き継ぐ必要があります。
その為、割と早い段階で全てのアプリの管理をさせている『1password』を導入しています。

メモや写真管理、Office系の作業など前PCではフリーソフトなど色々試してなんとかやっていたのですが、使ってみた感じ最新OSの標準ソフトの進化が凄まじく全てデフォルトのアプリでやれそうな感じで嬉しいです。(そしてUIの美しいこと…!)
特にiCloudで全てがシームレスにつながるので、iPhoneユーザーは全員Macにすればいいのにと半ば本気で思います。

読み返してみてもMacユーザーじゃないとわからない、かつヘビーユーザーに役立つ情報は何もない、まさにただの備忘録ですね。
しかし最後にこれだけは言いたい。

iMacは最高やで!
今なら何でもできる!!(という気持ちにさせてくれる!!)