目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

神イベント爆誕!第1回『オンラインお絵描き会ひゃくみっくす』

160116 1

1ヶ月前にあざみっくすさんと立ち上げた『オンラインお絵描き会』なる企画が、本日とうとう開催となりました。
(『ひゃくみっくす』の開催概要はこちら。)

進行(兼お絵描き)あざみっくすさん、出題&リアルタイムお絵描きデモンストレーション百万、お絵描き担当5名、ガヤ8名の総勢15名で、約2時間を楽しみ倒しました。

とりあえず今回のMVP、高瀬真理子さん(社会保険労務士&カウンセラー高瀬真理子のブログです)の作品を見て頂くのが1番何というか…「伝わるもの」があるかと思いますので、いくつかご紹介させて頂きます。

お題「コアラ」

160116 mari1

参加者は全員「カエル!」と叫びました。
ガヤのチャット欄も「カエル!」で埋まりました。

お題「太陽の塔(岡本太郎作)」

160116 mari2

真理子さんは確かに言いました。
「わたし太陽の塔知ってる」、と。
一体どこの国の太陽の塔のことだったのでしょう…。

お題「ブリッジ」

160116 mari3

そもそもお絵描き会において「体操人間」はズルいというか、本来は面白みも無い代わりに失敗もしないというチート技のはずなんです。
それがこれですよ。
笑いの涙で前が見えません。

「お題のもとみんなで絵を描いて見せ合う」という、元々がシンプルな企画で複雑なことなど何もないのですが、やってみると想像以上に面白かったです。

このイベントのポイントは2つあって、ひとつは「オンラインで誰でも参加可能である」ということ。
参加者は全国から、自宅のPCやスマホで参加が可能です。

今回は第1回ということで、楽しいこと・新しいこと好きの某塾生の参加者が多かったですが、興味を持って頂けたなら誰でも参加は大歓迎。

お絵描きはちょっと…という方や、顔を出したくない、という人も大丈夫。
「見ながらメッセージ欄にコメントを描くだけ」のガヤ参加ができます。

もうひとつのポイントは、「プロの絵描きが絵を描くところをリアルタイムで見られる」こと。
まあ自分で「プロの絵描き」とか言うのもあれなんなんですけど、わたし程度の絵でも実際に絵が出来上がる様子を見ると皆さん喜んで下さるので良かったです。
お題は一応わたしの方で考えたのですが、公平を期すため事前に検索などはしていないですし、約1分という時間でどこまで描けるかという緊張感もあり(笑)、ちょっとおもしろい演出ができたのではないかと思います。

1つ目のポイントを見事に活かして企画をまとめあげ、ツールを使いこなし、当日進行を行えたのはあざみっくすさんだったからこそ。
そして2つ目のポイントをこなせたのは、一応プロの広告漫画家であり、なおかつリアルタイムお絵描きで失敗しても傷がつかない程度のちょうどいい(?)画力の百万だったからこそ。

自分たちの企画が成功して、本当に嬉しいです。
最初から第1回と銘打っている通り、引き続き開催していく予定ですので、ちょっとでも興味を持たれた方はぜひチェックして下さいね。