目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

その存在、生き方に目に見える対価を払うということ〜VALU始めてました

170804

最近『VALU(バリュー)』というサービスの利用を始めまして。

「VALU最高!みんなやろうぜ!!」と興味のない人に布教するつもりは全くないのですが、その性質上twitterなどでVALUについて言及することもあるので、私の投稿で見かけて「何それ?」と思われている方のためにご説明しておこうと思います。

170724
VALU
https://valu.is

『あなたの価値を、VALUでシェア』というキャッチコピーがついたこのサービス。
誰でも株式会社のように、価値を発行、トレードできます。
そしてそれは「単なるそういうルールのオンラインゲームのようなもの」ではなく、その価値を支えるものとして、実際に仮想通貨ビットコインが導入されています。

…どうですか?怪しいですね(笑)
ぶっちゃけ私の文章力では、説明すればするほど胡散臭さが増す気しかしませんが、なんとかやってみようと思います。

価値=VAを売買する

具体的には、「VA」という株式会社で例えるところの株式のようなものの売買が行われます。
「この人面白い!価値を感じる!」という相手をVALUで見つけたらその人のVAを購入すればいいし、私の方が価値を感じているからもっと高い値段で売ってくれ!という人が現れたらそのVAを売ってもいい。

VAはトレーディングカードのようなもの、と表現している人がいますが、的を得ていると思います。

実際にお金が動くサービスである以上、現実の自分以上の価値に見せてVAの価格を上げたり、安く売って高く売ることのみを重視した投機目的の参入の可能性はあります。
現にそういう人も中にはいるはず。

けれどVALUは、そんな一面を見て「怪しいからやめておこう」と思うにはもったいなさ過ぎる、画期的なサービスであると思います。

ここまではVAの売買の面からシステムを説明しましたが、そのVAのやり取りで上がったり下がったりしているのは何なのかといえば、最初に言ったとおり「発行主の価値」です。
価値を感じてもらえたVAの発行主は、その価値そのものであるVAをビットコインを通じて使えるお金に変えることができるのです。

VAはリアルマネーになり、応援になる

価値を感じてその人に投資する、これはつまり応援ということです。

応援をお金に変える、というと、クラウドファンディングを思い浮かべる方も多いと思いますが、クラファンが「プロジェクト」のためにお金を集めるのに対し、VALUは「人そのものの可能性」に投資することになります。
(VA発行者は保有者に対して『優待』を設定することもできるのですが、これも必須ではありません。)

すでに有名な人だけではなく、無名でも何かを成している人、成したいという人の未来に価値がつく可能性があるということ。
そしてそれがその人の活動資金となり、活動を広げれば、さらにその人の価値は高まるわけです。
これってすごいことだと思いませんか?

私はVALUにどう向き合っているか

私は目新しいサービスに次々飛びついていくタイプではないのですが(どちらかと言えば腰は重い)、このVALUに関しては割と早い段階から興味を持っていました。
WEBを駆使して業界では先進的な動きをしている漫画家の鈴木みそ(@MisoSuzuki)さんが、これはクリエイターの活動に革命を起こすかもしれないというようなことを仰ったのがきっかけだったと思います。

私の作品そのものにお金を払ってもらうということはもちろんありがたいし、今のところはそれこそが私の収入源です。
けれど従来の漫画業界についていけず広告漫画家になり、漫画描いて生きてく方法はいろいろあるんじゃない?という生き方を続けていきたい、見せていきたい私としては、そこに価値を見出して応援してくれる人たちがいるならそれも本当にありがたいことで。
VALUはそういう形で使っていきたいと思っています。

VAは発行をコントロールすることである程度発行側で価格操作のようなことをできてしまえたり、リターンとしての優待を充実させればVA購入希望者を増やすこともできるでしょう。
また実際に自分のVAを購入していただくと、「見合った価値を提供しなくては」「VAの価値を下げて損をさせないようにしなくては」と感じるところはどうしてもあります。

でもここで、報いねば、という気持ちをぐっとこらえて、ただ自分が本来やるべきことをやる。
「自分という人間」「自分という生き方」の価値を上げることだけが、VAの価値を上げる唯一の方法だと考える。

だから、VALUのための活動はしない、自分の活動にVALUを沿わせる。
それが私のVALUに対する考え方です。

さて、ここまで読んでいただいていかがでしょう。

主観を交えずできるだけフラットに説明を…と思いましたが、無理でした。
このVALU、6月に始まったばかりの新しいサービスなんですが、今まさに発展の中にありまして、その使い方は本当に千差万別というか。

むしろVALU自体はただのプラットフォームで、そこにどんな意味を見出してどう使うかは利用者の判断に委ねられている感じです。
ある意味主観でしか語れないんですよ。

だいたいの新規サービスは「とりあえずやってみれば?」でいいと思うんですが、説明したようにVALUは実際の通貨が絡んできますので、無責任にオススメするようなことは私はできません。
ちょうどこの記事を書いている間に、その責任感に耐えかねてVALUを退会した人の記事も流れてきました。

「VALU」やめました やめるのは、とても大変でした – ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/04/news024.html

けれど私はこのサービスに可能性を感じているし、必要な人にはぜひ使って欲しいと思います。

百万のVALUアカウントはこちら。
https://valu.is/hyakumanga