目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

正しいかまってちゃん投稿の使い方

170816 2

今日ちょっぴり嫌なことがありまして。
あんにゃろういつかヤってやる…!と呪いの言葉を吐きながら仕事を続けるより、一旦気分転換しようと思ってコーヒーを入れて一休み。

この時間を利用してさらにゴキゲンになってやろうと思い私、必殺『かまってちゃん投稿』を繰り出しました。

かまってちゃん投稿というのは、あれです。

1番かわいい角度で自撮りした写真をアップして
「はあ…私ってブス…(´;ω;`)」
と投稿し「そんなことないよ!」なコメント待ちをしたり、

「ヤバい…どうしよう。もうやだ…」
と具体的なことが一切書かれておらず心配する質問を誘導したり、

逆に
「こういう瞬間があるから、人生ってステキだよね」
とポジティブに意味がわからない意味深投稿をしたり、

とにかくその名の通りかまって欲しいオーラが出まくっている投稿のことです。
(…もしかしたら最初のやつ以外は本人はそんなつもりじゃないのかもしれませんが、周りは十中八九かまってちゃん認定してること山の如し。)

しかし、とかくSNSにおいては嫌われるかまってちゃん投稿ですが、気持ちはわかります。
だって、元来人は構って欲しい生き物ですもの。

と言うか、
構って欲しくないならSNSなんかやってねーよ!
って話ですわ。

ただかまってちゃん投稿の何がめんどくさいって、
「繰り返す」ってことと「匂わせる」ところなんですよね。

逆に言えば、不快感を感じさせずに構ってもらうには、「ごくたまに」「ストレートに」言えばいいわけです。

つまり、こうです。

170816

いやー、みんな見事にかまってくれた(笑)
褒めてもらうために投稿したので、コメントの褒めに対しても「いやいやそんな私なんて…」とかく必要も全くなし!パラダイス!

嫌なことをチャラにするどころか、お釣りがきて貯金できるくらいの褒め言葉を回収しました。

そしてこれは、私が普段粛々と記事を書いたり情報発信しているからこそ、効果があったわけですね。
つまりかまってちゃん投稿は「必殺技」じゃないと意味がないのです。
(人徳がない件はノーコメントやで…。)

正しいかまってちゃん投稿の使い方、ぜひお試しあれ。
まずはかまってちゃん投稿を封印するところからですがね…!!