目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

十月十日は「萌えの日」らしいのでマイ萌えについて語ります

171010

萌えという言葉は、広義では「なんかキュンキュンする」ならその対象は小動物でもスイーツでもなんでも良いということになるのでしょう。
しかしここでは、清く正しくオタクらしく、原点に返った『萌え』について語りたいと思います。

まずは私が萌えを感じる関係性にある、漫画・アニメ・ゲームキャラ(一部例外あり)をパッと思いついた順に具体的に挙げてみます。

・なるほどくん&真宵ちゃん(逆転裁判シリーズ)
・大吉&りん(うさぎドロップ)
・ポルコ&フィオ(紅の豚)
・ブラックジャック&ピノコ(ブラックジャック)
・レオン&マチルダ(レオン)
・グレイグ&マルティナ(ドラクエ11)
・ケンシロウ&リン(北斗の拳)
・ジェット&メイファ(カウボーイビバップ)

おわかりいただけますでしょうか。
すなわち、私百万の大好物の萌えとは
 【大きいお兄さん(〜おっさん)】と【少女】の組み合わせ
なのです。
尊い。

そしてこれには満たしていて欲しいいくつかの条件があります。
(※あくまで私の妄想混じり萌えポイントの話なので、先ほどあげた例が全て下記に当てはまるわけではありません。)

・男はイケメン設定ではない
・男は物理的にもでかいほうがいい、ただし筋肉バカではなく知的さもある。
・少女が小さいパターンでもいい。(つまり身長差必須)
・生活、住居、冒険など共通の何かを介して培った仲間意識がある。
・互いに意識していたり、恋愛に発展しそうな雰囲気がある。
・ただしまだ手は出してない(尊い!)
・でも将来的にその可能性も大いにある!(尊い!!)

・守るべき存在として大切に思いながらも、自分にそれ以外の気持ちが芽生えたことに戸惑いを隠せない男(ヒャッハー!!!)

ちなみに単純な年の差カップル萌えというわけではないので、例えば少女漫画でありがちな設定『学校における先生と生徒』とかはなかなか引っかかりません。
そもそもイケメンキャラに食指が動かないので、少女漫画でキャラ萌えすることがあまり無いのですが。

いかがでしょうか。
ええ、ええ、ドン引き結構。
理解は求めません。

そもそも萌えとは、語ることで伝播するものではないのです。
運動能力や味覚のように、人それぞれの個性と考えた方が近いと思います。

しかし語らねば、同じ萌え感覚を有する同士(とも)に出会えることもないでしょう。
というわけで、この記事を読んで「わかりみ!!」と思ったあなた。
ご連絡ください。

自分の萌えとは違うけど、人が萌えを熱く語るのおもしれーなと思ったあなた。
わかります。
ぜひあなたの萌えを聞かせてください。

萌えは正義。
萌え溢れる世界に争いなし。
萌えの日バンザイ!