目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

『いしかわ伝統工芸フェア2015』ひゃくまんさんレポート

IMG 0813

イベントに行ってから既に5日が経っていますが、何とか撮影した動画を直接ブログに埋め込めないかと四苦八苦しておりました。
ご覧になる方には関係ないんですけどね、Wordpressのプラグインでなんとかならないものかと。結局うまくいかず今回もYoutubeの力をお借りしております…。

さて、東京ドームシティプリズムホールで開催されたこの『いしかわ伝統工芸フェア』、九谷焼や加賀友禅を始めとした工芸盛り盛り石川の様々な品を皆さまに見て頂こうというイベントで、毎年開催されているようです。
仕事が立て込んでいたこともあり今回は見送ろうと思っていたのですが…どうしても見てみたいものがあり、あと小一時間で閉場という時間に滑り込んできました。

それが「九谷焼ひゃくまんさん上絵付け体験」!!
とてもやりたかったのですが、開始時間の16時にどうしても間に合わなかったのです…無念。

体験会場に向かう前に、入り口付近に北陸新幹線のグランクラスシートなどと一緒にこんなものが展示されていたのでパチリ。

IMG 0800

製造過程を公開するなんて完全にゆるキャラの常軌を逸していますが(笑)金箔、漆塗り、炭素繊維などがボディに取り入れられたひゃくまんさんは、ある意味伝統工芸品そのものなのです。

奥の絵付け体験コーナーでは、12人程の方が体験に参加中。
そして絵付けをする皆さんの後ろでは、モデルである本物のひゃくまんさんがうろうろ。作品が気になるようで、皆さんの手元を後ろから覗き込んだりしています。

IMG 0808

本物のひゃくまんさんのデザインをお手本に描く方、オリジナルの絵柄や模様を描く方、加賀手まりの写真をスマホに表示させてそれを参考に精密に描かれている方もいらっしゃいました。

IMG 0811

絵付けを終えた皆さん、作品を手にひゃくまんさんとお写真タイム。
ひゃくまんさんのお付きの方である茂木さんも参加されていたので、1枚撮らせて頂きました。

茂木さん「ひゃくまんさん、手に乗せて撮りましょうか。あ、持ってる体(てい)でいいですよ」
落としちゃったら大変ですものね(笑)

絵付けした作品は1度業者さんが石川に持ち帰り釜入れをして完成、1週間程で参加者の皆さんのお家へ送られるそうです。

会場には、本物の九谷焼の職人さんが絵付けしたひゃくまんさんもありました。
本物に劣らぬなんと豪華なひゃくまんさん!!
IMG 0804
テンション高めで右から左から眺めていると、石川県の中の方が「それ、買うと1万円くらいみたいですよ」
いやいやいやいやいやいや、その値段で売ってくれるなら買うわ!今すぐ!!(笑)

今回用意された「九谷焼ひゃくまんさん」は本当に出来が良くて、お顔がとってもかわいいんですよ。公式グッズにして欲しいくらい。
この手描き体験は、またぜひどこかでやって頂きたいです。次こそは…!!

時間ギリギリだったのであまり場内もゆっくり見られなかったのですが(日本酒の飲み比べをしたくらい…←え?)、閉場間際お客さんがほとんどいなくなった時間に、私もちょっとだけひゃくまんさんとふれあいタイム。
動画慣れしておらず、iPhone縦画面のままで撮るという失態を演じておりますが、かわいいひゃくまんさんをお楽しみ下さい。

写真を撮りやすいようにじっとポーズを決めてくれてたけど、動画だと言われあわあわ動き出すひゃくまんさん(笑)

先月のふるさと祭りあたりから動きのバリエーションに幅が出てきたひゃくまんさんの、最近の得意技もどうぞ。