目立つ、ウケる、伝わる ー 漫画の力をあなたに。

漫画制作を担当した書籍が発売『認知行動療法で自己肯定感を育てる 自分をもっと好きになるノート』

190415 penguin

百万が漫画制作を担当した書籍が4/24に発売します。

『認知行動療法で自己肯定感を育てる 自分をもっと好きになるノート』

(玉井 仁 著/日本能率協会マネジメントセンター)

この本は、こんな人のお役に立ちます。
 ・自分に自信がない
 ・言いたいことが言えない
 ・自分をもっと大切にしたい
 ・ただがむしゃらに頑張ってしまう
 ・自分のネガティブな思考がイヤになる

同じような悩みを持つ主人公が不思議な出会いを通して自分を好きになっていく漫画パートと、読者自身がワークを通して主人公と同じように自己肯定感を育てていくパートで構成されています。
自分で書き込んでいくことで、きっとあなたの大切な1冊になると思います。

ワークの具体的な方法としては、『過去の自分と対話をする』ということがメインとなっています。
乳幼児期、歩行期、幼児期、学童期…自分が成長する過程で起こったいろいろなことが、今の自分の性格や考え方のクセを形作っています。
その中でも自己肯定感を低い方に引っ張り込む部分=心の冷えにワークを通して触れ、暖め、自己肯定感を育てていきます。

心のエキスパートである著者の玉井先生は、臨床心理士として生きづらさを感じている方々に寄り添う一方、最終的にはその人たちが自分で自分をケアできるようになることが1番大切だと考えています。
この本は、その手助けをするために生まれました。

先生の療法を理解し、漫画に落とし込むのはなかなか大変な作業でした。
なんせ私の自己肯定感が高いもので、読者の共感を得られる主人公が全くできなかった当初(笑)
担当編集さんの協力も得て、なんとか予定通り出版にこぎつけられたことを嬉しく思います。

ご興味のある方は発売したらぜひお手にとってご覧くださいませ。
Amazonでの予約注文も始まっております。