取材漫画記事 漫画・ライティング

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

動画イラスト制作が主な役割だったのですが、サイト協力業者様の紹介記事も1本任せていただけることに。
取材から構成、漫画制作、ライティングまで記事1本丸ごと制作しました。

ポイント

資料だけで制作する場合もございますが、自分の目と足で取材ができる場合は積極的に行なっております。

またこの案件のように漫画家本人がレポートする漫画や、漫画と文章を組み合わせた記事の執筆も可能ですのでぜひご相談くださいませ。

お客様の声

ラフをお見せした時点で取材先の方より「素晴らしいデザインで私を始め従業員一同テンションが上がっております!!」とお言葉をいただきました。

取材・撮影・漫画制作・ライティング/百万友輝


JAPAN BONSAI HP

盆栽解説用イラスト

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

この他にわかりやすく盆栽を紹介するアニメーション動画記事制作も行っております。

ポイント

どのような樹の種類や形を掲載するかは百万が考えラフを描きましたが、実際の本制作は同じく盆栽が趣味のイラストレーターさんにお願いをしました。

盆栽漫画家である私自身が描きたい思いもありましたが、サイトの目的やテイストを考えるとより実力のある方にお任せした方がいいという判断です。
(そして出来上がりを見て私が描かなくてよかったと思いました笑)

百漫画では漫画家の他にもイラストレーターのパートナーもおりますので、案件によって適切にご協力をお願いしております。

ディレクション/百万友輝 イラスト/白鳥みちこ


JAPAN BONSAI HP

アニメーション動画企画・イラスト

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

この他に盆栽の解説用イラスト記事制作も行っております。

ポイント

元々「BONSAIを紹介するサイトと言えばここ」と言えるようなものを作ろうというサイトの主旨があり、そのためにはまずこれを見てもらえればBONSAIが一体どんなもんであるかがわかるようなアニメーション動画があるといいよね、という話に。

盆栽の定義を簡潔にわかりやすく伝えるということで、動画の構成から盆栽漫画家である私が考えさせていただきました。

制作会社からのホワイトボードアニメーションにしようという提案の元、外国の人も多く見るであろうことを踏まえ、シンプルな絵柄で制作を行いました。

構成・素材イラスト制作/百万友輝


JAPAN BONSAI HP

似顔絵キャラクターイラスト

経緯

以前別の個人事業の方に描いた同種のイラストを見てのご依頼。
ご自身を売り物にしている士業や講師業、カウンセラーやトレーナーの方には、似顔絵キャラクターは非常に好評です。

ブログ記事内に挿入するイラストとして依頼いただきました。

ポイント

このように表情集のようなイラストを制作する場合、ご相談が多くあいづちの仕草をよく使う、指導が多くいろんなことを説明する、力説して説得力を感じさせるなど、人によってよく使う動作は違います。

まず普段どのような発信をしているかSNSやブログを拝見し、使いやすいパターンを考えご提案を行いました。


イラスト/百万友輝

キャラクターイラストLINEスタンプ

『秩父のおっさん』シリーズとして手ぬぐいを展開してきた齋藤染物店さん。
すっかり定着したおっさん(齋藤さんご本人です)を、今度はLINEスタンプにしたいというお話が。

広告やブランディングというよりとにかく齋藤染物店さんご自身が楽しく使いたい!という目的でしたので、どんなスタンプの種類にするかは齋藤さんと浅見さんにお任せして私は楽しく描かせていただきました。

イラスト/百万友輝 企画/浅見制作所


齋藤染物店 HP

キャラクターイラスト 手ぬぐい

百漫画でも色々お世話になっている浅見制作所さんと、秩父の齋藤染物店さんのコラボにより企画が発進。
齋藤さんのありがたいご指名により、百漫画で制作させて頂きました。

方言を手ぬぐいにするというコンセプトが先にあり、齋藤さんの似顔絵含めいくつかご提案。
(その時の提案書に私が適当につけた「秩父のおっさん」というワードがいつの間にか商品名に笑)
販売される製品ということで途中迷宮入りしてかなり難産でしたが、齋藤さんには大変気に入って頂きほっとしています。

こちらで企画立案の浅見さんが開発秘話を書いてます。
↓ ↓ ↓
秩父方言手ぬぐい「秩父のおっさん」はこうしてできた!制作秘話を大公開!
https://www.saito-somemono.com/notice/438/

手ぬぐいはシリーズ化して、現在第3弾まで発売中。
またおっさんシリーズでLINEスタンプの制作も行いました。

イラスト/百万友輝 デザイン/ktym 筆文字/小林佳織(筆もじスト) 企画/浅見制作所 手ぬぐい製作/齋藤染物店


齋藤染物店 HP

認知行動療法 漫画書籍

経緯

すでに何度かお仕事をさせていただいていた出版社様より、自己肯定感をアップする認知行動療法のメソッドを漫画で描きたいというご依頼をいただきました。

著者の先生の理論と漫画を交互に展開する内容、ということは決まっていましたが、それ以外は全てがゼロから。
著者、出版社の担当、そして私の3人で内容をミーティングを重ねました。

漫画の脚本は全て私のオリジナル。
まず玉井先生の理論や認知行動療法、インナーチャイルドについての学習から始め、キャラクターやストーリーを作り込んでいきました。

ポイント

自分が理解していないことを漫画にしても読者には伝わらないというのが私の持論なので、最初の学習にかなり時間を使いました。
専門的な内容の案件に携わるときは、いつも「その話題に関してちょっと詳しい人」になります笑

精神的な問題とそれに向き合う方法という抽象的なテーマを漫画で描くということで、舞台や設定などかなり悩みましたが、なんとかうまく形にできたと思います。

ちょっと難しいテーマであることは間違いないので、まずは漫画だけでも気楽に読み進められるようペンギンをキャラクターとして登場させ、話にテンポを付けるなど工夫しました。

漫画脚本・制作/百万友輝 作画アシスタント/ktym


株式会社日本能率協会マネジメントセンター HP

盆栽雑誌 漫画連載

経緯

元々趣味で盆栽を育てているのですが、個人的に楽しむだけでなく盆栽の魅力を伝えたい、愛好家を増やしたいという想いがありまして。
それで自ら盆栽漫画家を名乗っていたところご縁が繋がり、雑誌に漫画を取り入れたいと偶然にも考えていた『盆栽世界』さんにお声がけいただきました。

ポイント

盆栽の育成に役立つ情報などは本誌にお任せして、漫画で描いてこそ意味がある内容にこだわってネタを考えています。

私自身の体験はもちろん、SNS上で盆栽愛好家にアンケートを行って話をまとめたり、イベントに足を運んで私自身の言葉でレポートしたり。

盆栽業界に長く関わっている雑誌ということでそれなりにあちこち気を遣うことがあるとは思いますが、私はあえて「業界とは関係ない一般愛好家」の立場を貫いているので、そういう視点でズバズバものを言うところも面白さとして感じていただきたいと思います。

漫画制作/百万友輝 タイトルロゴデザイン/ktym


「そうして今日も水をやる」は当サイトにて一部無料公開中です


盆栽普及活動の一環として、盆栽世界編集部の許可のもと当サイトで公開しております。
毎月更新しておりますのでぜひご覧くださいませ。


またこちらの案件は、より詳しく「制作ストーリー」を紹介しています。
ぜひご覧くださいませ。


エスプレス・メディア出版株式会社 HP

地方自治体PR漫画小冊子

経緯

石川県の津幡町では、全国の関連地域と共に平安時代の武将木曽義仲(きそよしなか)とその仲間巴御前(ともえごぜん)らをモチーフにしたNHK大河ドラマの誘致を推進しており、その事業の一環として漫画の制作を立案。
その制作者として、僭越ながら同町出身の私に白羽の矢が立ち、ご依頼いただくこととなりました。

ポイント

小学生でも読めるようにという依頼だったので全ての漢字にルビを振るなどは行いましたが、小学校上級生ともなればすでに漫画なら大人向けでも読める読解力があるのであまり子ども向けの意識はせず幅広い年代が楽しめる作品づくりを行いました。

方言も取り入れましたが、県外の人にも読まれるので読みやすい範囲で調整。
あとは特にリクエストがあったわけではありませんが、漫画を読んで義仲に興味を持ったときに足を運ぶ先としてオススメしたい地域の歴史史料館を漫画内に登場させました。

なお冊子は町内の学校や公共施設、義仲関連地域に配布され、町役場などで販売されていますが、百漫画の方で通信販売も行っております。
ご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。

お客様の声

「百万さんにはストーリー作りから資料編、そして表紙まであらゆることにお世話になりました。
出来上がったこの漫画冊子は正に津幡町の大河ドラマ誘致の『魂の一冊』になりました。
今では子どもだけでなく、県外の木曽義仲ファンからも問い合わせがあるほどで、当町の大河ドラマ誘致推進の切り札として活用されています。」


こちらの案件はより詳しく「制作ストーリー」を紹介しています。
ぜひご覧くださいませ。

冊子構成・漫画、解説イラスト制作/百万友輝 作画アシスタント/ktym


津幡町 HP

資源エネルギー庁発行媒体 挿入漫画

経緯

制作会社様からのご依頼で、初の省庁のお仕事でした。
こちらの案件、百漫画としては非常に特殊でお客さんの原案をほぼそのまま私がリメイクしたんです。

最初にご相談いただいた時に「素人(クライアントである制作会社のデザイナーさんが描いた)の作品なので、ちゃんと漫画家さんに描いてもらいたい」と見せられたものを見てびっくり。
確かに絵は上手ではありませんでしたが、ストーリーもコマ割りもちゃんと漫画として成立しており、何より起承転結の構成や笑い要素、オチが完璧だったのです。
「これ、特に描き直さなくても大丈夫だと思います」とその場で話を戻したくらい(笑)

ポイント

そんなわけであまり手直しもしていないのですが、漫画として読みやすいように情報やコマ割りを多少整理し、演出を付け加たりしました。

その後こちらの制作会社さんとは年間で資源エネルギー庁の冊子を作るプロジェクトにも携わらせていただいております。

漫画作画/百万友輝


株式会社ピーツーカンパニー HP